試合区分:No.10288
開催期日:2018年5月6日
開始時間:16:20:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場
主審:久保 裕紀
副審:谷古宇 孝,北島 寛臣

筑波大学 99 31 -1P- 20
17 -2P- 22
28 -3P- 08
23 -4P- 18
-OT-
-OT-
68 中央大学

筑波大学

HC:吉田 健司
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
5 西川 智希 2 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 02:46
7 青木 太一 2 0 1 1 1 0 0 0 0 1 1 2 0 0 2 13:27
8 菅原 暉 7 1 4 2 3 0 0 3 0 3 3 4 0 0 1 26:57
10 村岸 航 6 2 2 0 1 0 0 3 0 3 3 0 0 0 1 10:28
11 増田 啓介 23 1 1 9 14 2 2 1 0 5 5 2 2 2 2 26:46
13 二上 耀 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 03:24
14 波多 智也 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 02:46
15 森下 魁 12 0 0 4 8 4 5 2 0 2 2 1 0 0 1 24:31
16 野本 大智 7 1 1 1 2 2 2 0 1 1 2 1 0 0 0 13:02
21 仲澤 翔大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 02:46
23 半澤 凌太 3 0 0 1 3 1 2 1 1 2 3 2 0 1 0 07:45
27 山口 颯斗 13 2 3 3 7 1 2 3 3 3 6 0 0 0 0 19:30
33 三森 啓右 6 0 0 3 6 0 0 1 2 0 2 0 0 0 0 04:26
65 玉木 祥護 4 0 0 2 2 0 0 3 0 2 2 0 0 0 1 11:03
88 牧 隼利 14 2 4 4 4 0 0 1 0 3 3 2 0 1 0 30:23
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 6 2 8 0 0 0 0 00:00
合計 99 9 16 31 54 10 13 19 13 27 40 15 2 4 9 200:00

中央大学

HC:荻野 大祐
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 肥後 将俊 6 0 2 2 5 2 4 0 2 2 4 0 0 0 1 25:35
2 大﨑 翔太 8 0 2 4 5 0 0 3 0 1 1 0 0 0 2 14:54
8 古河 ウェスリー 2 0 0 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 04:49
11 林 祐太郎 DNP
13 中村 功平 20 3 9 4 7 3 5 3 0 0 0 3 1 0 1 32:13
14 久岡 幸太郎 8 1 2 2 7 1 4 0 1 1 2 6 0 0 2 34:23
15 町井 丈太 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 04:49
21 藤井 裕太 DNP
22 足立 翔 4 0 1 2 2 0 0 2 5 2 7 0 1 0 0 11:49
28 鶴巻 啓太 13 3 8 1 4 2 4 3 0 4 4 4 0 0 3 32:16
33 三上 侑希 3 1 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 06:42
35 清水 宏記 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00:34
39 田中 旭 DNP
71 沼倉 壮輝 1 0 0 0 0 1 2 2 1 2 3 0 0 1 0 11:39
86 青木 亮 3 0 1 1 4 1 2 2 4 1 5 2 0 0 1 20:17
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 0 0 0 0 00:00
合計 68 8 28 17 36 10 21 16 13 18 31 15 2 2 12 200:00

GAME REPORT

筑波大と中央大の決勝戦。序盤、立て続けに得点を重ねた筑波大を中央大が追う展開で試合が進む。前半終了間際に中央大が猛攻を見せ、6点差にまで詰め寄るも、それ以降は及ばず。筑波大が高いオフェンス力を遺憾なく発揮し続け、終始リードを保ったまま試合終了。99-68で試合を制し、見事3連覇を達成した。

 第1ピリオド、筑波大が#11増田の2本のバスケットカウントで最高のスタートを切る。対する中央大#13中村の3Pシュート、#28鶴巻のジャンパーで応戦。しかし、筑波大は攻撃の手を緩めることなく、#11増田が14得点と活躍を見せる。31-20と筑波大リードで第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、筑波大野#88牧、#8菅原らを中心に試合を運ぶ。依然筑波大リードは変わらないが、中央大#28鶴巻、#33三上の3Pシュートが良く決まり、じりじりと食らいつく。筑波大リードの48-42で試合を折り返す。

 第3ピリオド、筑波大が再びオフェンスのギアを上げ、#15森下、#88牧が得点を量産。食らいつきたい中央大は#13中村、#0肥後らが積極果敢にアタックするも、筑波大のディフェンスを前に思うように得点が伸びずに苦戦。そのすきに筑波大がリードを広げ、76-50で最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、筑波大の猛攻は止まらない。#23半澤と#65玉木のホットラインが連続で決まり、突き放す。中央大も最後まで粘りを見せるものの、追いつくには時間が足りず。99-68で筑波大が3連覇を飾った。

木村 泰基