試合区分:No.10471
開催期日:2018年9月1日
開始時間:16:20:00
開催場所: 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場 aコート
主審:針生 淳男
副審:笠島 喜与都

筑波大学 75 23 -1P- 23
20 -2P- 15
17 -3P- 19
15 -4P- 17
-OT-
-OT-
74 神奈川大学

筑波大学

HC:吉田健司
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
5 西川 智希 DNP
7 青木 太一 DNP
8 菅原 暉 4 0 0 2 3 0 1 3 0 2 2 1 2 0 1 25:29
10 村岸 航 5 1 2 1 5 0 2 2 1 0 1 0 0 0 1 15:39
11 増田 啓介 23 0 3 10 20 3 3 1 2 6 8 3 1 1 2 32:35
13 二上 耀 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 4:00
14 波多 智也 4 0 2 2 5 0 2 1 0 1 1 2 0 0 0 14:51
15 森下 魁 8 0 0 3 3 2 2 0 0 1 1 1 0 0 3 25:07
16 野本 大智 5 1 2 1 2 0 1 1 1 0 1 1 0 0 0 14:31
21 仲澤 翔大 DNP
23 半澤 凌太 DNP
26 坂本 佳毅 DNP
27 山口 颯斗 13 1 2 5 9 0 0 2 1 0 1 2 1 2 0 26:10
75 井上 宗一郎 4 0 0 2 3 0 0 0 0 1 1 2 0 0 2 11:14
88 牧 隼利 9 1 2 3 7 0 0 2 3 5 8 4 1 2 0 30:24
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 6 0 0 0 0 00:00
合計 75 4 13 29 57 5 11 12 10 20 30 16 5 6 9 200:00

神奈川大学

HC:幸嶋謙二
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 福井 健登 DNP
3 小針 幸也 DNP
5 緒方 堅也 2 0 4 1 3 0 0 2 3 1 4 0 1 0 1 31:29
6 尾形 界龍 14 1 2 5 7 1 1 1 1 4 5 0 0 0 1 29:59
7 東野 恒紀 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 1 1 2 6:23
11 細澤 将太 4 0 1 2 4 0 0 1 2 0 2 0 0 0 1 14:32
23 古川 勇輝 DNP
27 二ノ宮 杉太朗 DNP
30 松岡 恭也 5 1 3 1 6 0 0 3 0 4 4 5 1 0 3 33:37
31 浜谷 元基 DNP
32 伊藤 大地 0 0 0 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 8:31
34 工藤 卓哉 18 2 4 5 11 2 2 3 2 10 12 2 0 0 3 40:00
37 高橋 佳希 DNP
75 小酒部 泰暉 31 2 5 12 17 1 2 3 3 6 9 1 4 0 4 35:29
87 高木 卓也 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 0 0 0 1 00:00
合計 74 6 19 26 50 4 5 15 13 28 41 8 7 1 16 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第1節、筑波大と神奈川大の一戦。序盤から両者点を取り合う拮抗した試合となる。筑波大は積極的なアタックから相手のファウルを誘い、流れを掴みにかかるが、神奈川大のアウトサイドのシュートがことごとく決まり、なかなか主導権を握れない。筑波大はリング下と果敢なドライブを駆使して得点を伸ばしていく。対する神奈川大は粘り強いディフェンスからリズムを作り、筑波大に食らいついていく。中盤は筑波大#11増田のドライブやアウトサイドシュートから得点を重ね、筑波大ペースで試合が進む。しかし神奈川大も譲らず、#75小酒部を中心としたチームオフェンスで粘り強く加点し、なんとか点差を1桁に保つ。終盤、神奈川大は激しいディフェンスで筑波大のターンオーバーを誘い、一時逆転に成功するも、筑波大も譲らずすぐさまリードを奪い返す。終了間際、神奈川大#75小酒部が放ったラストショットは惜しくもリングに弾かれ、万事休す。75―74で筑波大が勝利し、リーグ初戦を白星で飾った。

 第1ピリオド 序盤、神奈川大は#6尾形のレイアップからスタート。神奈川大は#34工藤と、#75小酒部らが内外に加点する。一方の筑波大は#15森下のゴール下と#11増田のドライブなどで得点。両者一歩も引かず拮抗した展開となり、23−23で第一ピリオド終了。

 第2ピリオド 開始早々、筑波大#88牧のレイアップシュートが決まると、#11増田のレイアップシュート、#75井上のリング下での得点で神奈川大学を突き放す。対する神奈川大学は、#75小酒部を中心にオフェンスを展開。#11細澤の連続得点で食らいつくが、筑波大#11増田のバスケットカウントを含む連続得点を許し、さらに点差を離されてしまう。たまらず筑波大はタイムアウトを取るも、再び#11増田と#27山口に追加点を奪われ、43―38と筑波大学が逆転し、前半を折り返す。

 第3ピリオド 序盤、筑波大学は#11増田の巧みなドライブに加え、#88牧のアシストが光り、一時リードを12まで広げる。しかし、神奈川大は激しいディフェンスから相手のターンオーバーをさそうと、#6尾形のバスケットカウント、#30松岡の3Pシュート、#75小酒部のバスケットカウントなどで猛追。一気に点差を縮める。60−57と筑波大3点リードで第3ピリオドが終了する。

 第4ピリオド 序盤、神奈川大は#11細澤と#75小酒部のシュートで点差を縮めると、#30松岡の3Pシュートでついに逆転に成功する。神奈川大の勢いは止まらず、#30松岡、#75小酒部、#5緒方の得点でリードを広げる。一方の筑波大は#88牧のゲームメイクから#11増田が連続得点を奪う。最後は筑波大#27山口のシュートが決勝点となりタイムアップ。75−74で筑波大学がシーソーゲームに勝利し、リーグ戦1勝目を手にした。


常見悠介