試合区分:No.10481
開催期日:2018年9月5日
開始時間:10:00:00
開催場所: 筑波大学中央体育館
主審:漆間 大吾
副審:一色 渉

青山学院大学 77 10 -1P- 20
21 -2P- 12
22 -3P- 12
24 -4P- 27
-OT-
-OT-
71 早稲田大学

青山学院大学

HC:廣瀬 昌也
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
7 ナナー ダニエル弾 8 0 0 4 6 0 1 2 3 3 6 0 0 0 3 16:23
10 高橋 浩平 2 0 1 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 11:32
12 斉藤 諒馬 10 2 4 2 3 0 0 0 1 0 1 1 1 0 0 12:04
13 前田 悟 10 0 1 4 8 2 3 2 3 0 3 2 0 0 1 23:29
14 伊森 響一郎 5 0 2 2 9 1 2 0 2 4 6 2 1 0 1 25:44
15 石井 悠太 8 0 1 3 6 2 2 0 0 4 4 0 2 0 1 29:53
17 保泉 遼 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:31
21 納見 悠仁 20 0 1 5 12 10 12 2 1 8 9 1 3 0 3 25:50
24 永野 聖汰 DNP
27 ウィタカ ケンタ DNP
31 戸田 貫太 1 0 1 0 2 1 4 2 2 1 3 1 0 0 2 12:32
32 小川 俊哉 DNP
36 相原 アレクサンダー学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:55
43 渡嘉敷 直輝 8 2 5 1 1 0 0 2 1 1 2 1 1 0 3 22:35
52 赤穂 雷太 5 0 2 2 3 1 1 0 1 2 3 0 1 0 1 16:31
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 6 0 0 0 2 00:00
合計 77 4 18 24 52 17 25 10 16 27 43 8 9 0 17 200:00

早稲田大学

HC:吉岡 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 香川 泰斗 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 4:39
7 宮本 一樹 11 1 2 4 4 0 0 2 0 1 1 0 2 0 4 18:54
8 津田 誠人 3 1 4 0 1 0 0 0 0 1 1 1 0 0 3 15:14
13 長谷川 暢 13 1 6 3 7 4 4 2 3 8 11 8 3 0 1 29:12
14 柳川 幹也 3 1 2 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 13:36
15 森定 隼吾 4 0 3 2 2 0 0 5 0 0 0 3 2 2 0 28:03
23 中谷 誠人 2 0 1 1 3 0 0 1 0 1 1 0 0 1 2 10:04
26 富田 頼 12 1 1 4 7 1 1 2 2 9 11 1 0 1 4 28:07
27 濱田 健太 14 4 10 1 1 0 0 4 2 1 3 0 1 0 2 29:16
39 桑田 裕平 DNP
41 小室 悠太郎 9 1 2 3 7 0 0 2 2 4 6 0 1 0 1 22:55
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 0 0 0 1 00:00
合計 71 10 31 18 34 5 5 19 9 28 37 14 9 4 20 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第3節、青山学院大と早稲田大の一戦。前半、早稲田大は攻守ともにリズム良く展開し、10点リードを得るも、青山学院大は#21納見を中心に加点し点差を縮める。後半、青山学院大は連続3Pシュートなどで加点し、逆転に成功する。必死に早稲田大は食らいつき、点差を広げることなく拮抗した展開が続くも、青山学院大が逃げ切りタイムアップ。77-71と青山学院大が接戦を制し、リーグ戦初白星を挙げた。

 第1ピリオド、序盤、青山学院大は#10高橋がゴール下での得点を皮切りに、#13前田、#14伊森らがドライブで加点する。対する早稲田大は#27濱田がペネトレイトで加点、さらに#13長谷川、#14柳川の連続3Pシュートし、点差を広げる。20-10、早稲田大が一歩リードして第1ピリオド終了。 

 第2ピリオド、早稲田大は#15森定のアウトサイドシュート、#41小室のインサイドでコンスタントに加点。対する青山学院大は#21納見のドライブイン、#13前田のバスケットカウントにより点差を縮める。残り2分、青山学院大#21納見のジャンパーにより逆転に成功する。その後、両チーム共に一歩も譲ることなく拮抗した展開となる。32-31、早稲田大が僅かにリードし、前半を折り返す。

 第3ピリオド、リードを得た早稲田大は#26富田、#41小室のインサイド陣がゴール下で加点するも、後半にファウルが嵩みリズムをつかむことができない。対する青山学院大は#43渡嘉敷の連続3Pシュートを皮切りに#7ダニエルのインサイド、#52赤穂のバスケットカウントにより逆転に成功する。53-44、青谷学院大がリードを得て最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、青山学院大は#15石井のゲームメイクにより、#12斉藤、#21納見らがペネトレイトで加点。後がない早稲田大は#26富田、#41小室らのインサイド陣が必死にリバウンドを捥ぎ取り加点する。残り2分をきり#13長谷川、#41小室が連続で3Pシュートを決めるも、惜しくもタイムアップ。77-71、青山学院大が勝利しリーグ戦績を1勝2敗とした。

宇留島 萌