試合区分:No.10482
開催期日:2018年9月5日
開始時間:11:40:00
開催場所: 筑波大学中央体育館
主審:稲葉 威
副審:渡邉 純

専修大学 63 23 -1P- 20
07 -2P- 14
18 -3P- 12
15 -4P- 16
-OT-
-OT-
62 神奈川大学

専修大学

HC:佐々木 優一
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 塚本 雄貴 DNP
5 安部 紘貴 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:04
8 幸崎 竜馬 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 3:17
9 重冨 友希 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:46
12 西野 曜 3 0 0 1 7 1 1 2 1 5 6 4 2 1 5 26:28
14 長谷川 翔 DNP
16 野口 夏来 0 0 0 0 0 0 0 1 2 4 6 0 0 0 0 21:09
18 亀井 智文 DNP
23 キング 開 6 0 1 3 8 0 0 3 3 1 4 1 0 1 1 21:24
30 アブ フィリップ 20 0 0 10 12 0 1 3 3 8 11 2 1 2 3 27:55
34 盛實 海翔 16 3 11 1 6 5 7 1 1 3 4 2 1 1 2 36:56
46 寺澤 大夢 7 0 1 3 3 1 3 1 1 1 2 0 0 0 1 18:36
48 竹田 寛人 0 0 0 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 1 0 4:28
88 重冨  周希 11 1 4 4 7 0 0 1 1 5 6 1 2 0 2 32:57
91 渡邉 諒 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 5 0 0 0 1 00:00
合計 63 4 19 22 46 7 12 14 13 33 46 10 6 6 15 200:00

神奈川大学

HC:幸嶋 謙二
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 福井 健登 DNP
3 小針 幸也 2 0 2 1 2 0 1 0 0 1 1 2 1 0 0 8:30
5 緒方 堅也 10 1 8 1 3 5 6 2 1 3 4 3 2 0 4 36:30
6 尾形 界龍 2 0 1 1 4 0 2 1 1 2 3 0 1 0 1 23:44
7 東野 恒紀 DNP
11 細澤 将太 2 0 2 1 2 0 0 2 1 3 4 1 0 0 1 19:20
14 安達 祐馬 DNP
23 古川 勇輝 DNP
27 二ノ宮 杉太朗 DNP
30 松岡 恭也 15 1 1 6 11 0 1 2 1 2 3 1 1 0 3 31:30
31 浜谷 元基 DNP
32 伊藤 大地 4 0 0 2 2 0 0 1 1 0 1 1 0 0 0 6:28
34 工藤 卓哉 17 0 1 7 12 3 4 1 1 3 4 1 2 0 1 37:02
75 小酒部 泰暉 10 0 1 5 17 0 0 2 3 6 9 0 1 0 1 36:56
87 高木 卓也 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 7 11 0 0 0 0 00:00
合計 62 2 16 24 53 8 14 11 13 27 40 9 8 0 11 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第3節。専修大はインサイド陣の高さを活かしたオフェンスで得点していくが、神奈川大がディフェンスからの素早いパスからイージーシュートを重ねていくオフェンスで主導権を握り30-34の4点リードで前半を折り返す。後半、アウトサイドが決まり始める神奈川大だが、しつこくインサイドを攻め続ける専修大が点差を縮め拮抗した展開となる。最後は専修大#88重冨(周)がスティールからレイアップを決め逆転。神奈川大のラストシュートは惜しくも決まらず、63-62で専修大が嬉しいリーグ戦初勝利を飾った。

第1ピリオド、神奈川大は#30松岡がドライブを連続で決め得点していくが、専修大が#30フィリップの高さを活かしたオフェンスでリードを奪う。神奈川大も積極的にリングにアタックするが、#88重冨(周)が要所で得点を重ね専修大3点リードの23-20で第1ピリオド終了。

第2ピリオド、専修大はポストプレイからオフェンスを展開しようとするがシュートが決まらず、得点が止まってしまう。一方神奈川大はスピーディーな展開から全員がリングに切り込むオフェンスで逆転に成功する。専修大をわずか7点に抑えた神奈川大が30-34の4点リードで前半を折り返す。

第3ピリオド、専修大は#12西野、#30フィリップ、#46寺澤のインサイド陣が中心のオフェンスで再びリードを得るが、神奈川大も#75小酒部がジャンプシュートで得点を重ねていく。最後は#34盛實がフリースローを4連続で決め、専修大2点リードの48-46で第3ピリオド終了。

第4ピリオド、専修大は#30フィリップがペイントエリアで得点を量産していくが、神奈川大が激しいディフェンスでターンオーバーを誘い#5緒方の3Pシュートとフリースローで逆転に成功する。しかし、専修大#88重冨が値千金のスティールからレイアップを決め逆転に成功。最後神奈川大#5緒方のジャンプシュートはリングに嫌われ試合終了。専修大が63-62でリーグ戦初勝利を収めた。

谷嶋 瑞希