試合区分:No.10495
開催期日:2018年9月9日
開始時間:13:20:00
開催場所: 青山学院大学相模原キャンパス
主審:茂泉 圭治
副審:草野 伸明

大東文化大学 89 29 -1P- 16
28 -2P- 26
13 -3P- 13
19 -4P- 19
-OT-
-OT-
74 拓殖大学

大東文化大学

HC:西尾 吉弘
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 深渡瀬 海 DNP
2 飴谷 由毅 3 1 4 0 3 0 0 2 2 1 3 1 1 0 1 20:33
3 星野 京介 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:53
12 熊谷 航 9 1 5 3 5 0 0 0 0 0 0 7 1 0 1 25:08
15 モッチ ラミン 27 0 0 12 17 3 5 4 2 12 14 2 0 0 2 28:47
18 蕪﨑 隼人 DNP
21 野原 暉央 DNP
23 奥住 将人 12 2 5 3 3 0 0 1 0 5 5 1 3 0 0 19:58
25 高木 慎哉 4 0 1 2 4 0 0 1 0 2 2 2 0 0 0 19:12
31 税所 寛 2 0 0 1 2 0 0 2 1 1 2 0 1 0 1 10:12
34 中村 浩陸 7 1 2 1 4 2 2 2 2 1 3 4 0 0 3 24:24
39 ジェン アビブ 6 0 0 3 3 0 0 2 2 1 3 1 0 1 3 11:13
81 後藤 大輝 8 2 2 1 3 0 0 1 1 1 2 2 0 0 0 21:05
91 ビリシベ 実会 11 2 3 2 5 1 2 1 4 3 7 2 0 0 1 17:35
99 増本 優太 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2 6 0 0 0 1 00:00
合計 89 9 25 28 49 6 9 16 18 29 47 22 6 1 13 200:00

拓殖大学

HC:池内 泰明
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 山梨 歩 0 0 1 0 1 0 0 2 0 1 1 3 0 0 1 8:52
1 岡田 侑大 33 5 12 7 17 4 5 1 0 1 1 2 2 0 4 38:02
6 山田 勝太 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 5:47
8 須崎 虎太郎 4 0 0 2 2 0 0 3 1 2 3 0 0 0 0 18:21
9 小室 望海 2 0 1 1 2 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 21:29
12 中尾 良平 0 0 1 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 2 6:55
15 熊澤 圭祐 4 0 1 1 1 2 2 0 4 2 6 0 0 0 0 10:45
22 飯野 哲也 DNP
24 荒川 颯 13 3 7 2 6 0 0 0 0 2 2 1 0 0 2 29:13
29 富樫 颯人 DNP
34 宮越 康槙 2 0 1 1 2 0 0 2 3 0 3 1 0 0 1 20:22
41 杉野 晴輝 DNP
51 前田 真吾 0 0 0 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 2 8:50
58 平良 彰吾 DNP
99 多田 武史 16 5 11 0 0 1 2 0 0 2 2 0 1 0 0 31:24
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 7 0 0 0 1 00:00
合計 74 13 35 14 32 7 9 11 11 18 29 7 4 0 13 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第5節、大東文化大学と拓殖大学の一戦。序盤、大東文化大は#15モッチを軸に安定して加点、拓殖大が追いかける展開となる。中盤に入っても大東文化大は#15モッチにボールを集め、得点を重ねる。一方の拓殖大は3Pシュートを積極的に放つとこれがことごとく決まり、点差は変わらない。終盤に入っても決められたら決め返す展開が続き、点差は膠着。後がない拓殖大は3Pシュートで追撃するも、大東文化大の攻撃を止められず、そのままタイムアップ。終始リードを保ち続けた大東文化大が89-74で勝利し、リーグ戦4つ目の白星を手にした。

第1ピリオド、大東文化大は#15モッチ、#91ビリシベがインサイドで着実に得点を重ね、リードを得る。対する拓殖大は#24荒川、#1岡田らがジャンパーで応戦するが、相手のインサイドアタックを防ぐことができない。その後も大東文化大ペースで試合が進み、29-16と大東文化大が13点リードして第1ピリオド終了。

第2ピリオド、大東文化大は速攻から#39アビブ、#81後藤らが得点し突き放しにかかるが、拓殖大は#24荒川、#9小室が連続して3Pシュートを沈め、食らいつく。その後は得点の応酬となり、ハイスコアな展開となるが、点差は大きく変わらず。57-42と大東文化大が15点リードして前半を折り返す。

第3ピリオド、大東文化大は#23奥住、#91ビリシベらが得点。対する拓殖大は#1岡田が内外に躍動し、食らいつく。中盤以降、拓殖大はディフェンスをゾーンに切り替えると、相手のミスを誘い速攻から加点し、追撃。しかし大東文化大も簡単には主導権を譲らず、70-55と依然大東文化大15点リードで勝負は最終ピリオドへ。

第4ピリオド、序盤、大東文化大は#12熊谷が3Pシュートにアシストと完全にゲームを支配し、リードを広げる。対する拓殖大は#15熊澤がゴール下で奮闘し加点、なんとか食らいつく。その後はお互いに得点し合い、点差は変わらないまま試合終了。89-74と大東文化大が15点差で勝利し、リーグ戦績を4勝1敗とした。

仲澤 翔大