試合区分:No.10517
開催期日:2018年9月22日
開始時間:13:00:00
開催場所: 水戸市総合運動公園体育館aコート
主審:草野 伸明
副審:梶 崇司

拓殖大学 69 14 -1P- 12
25 -2P- 13
11 -3P- 21
19 -4P- 16
-OT-
-OT-
62 神奈川大学

拓殖大学

HC:池内 泰明
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 山梨 歩 9 1 1 3 7 0 1 2 1 1 2 2 0 0 0 24:54
8 須崎 虎太郎 2 0 0 1 2 0 0 5 1 7 8 0 0 0 1 14:48
9 小室 望海 2 0 2 1 5 0 0 1 1 1 2 2 0 0 0 17:30
10 鱒 拓真 2 0 1 1 2 0 0 0 1 2 3 0 0 0 0 6:49
12 中尾 良平 DNP
15 熊澤 圭祐 20 4 8 4 6 0 0 2 2 1 3 1 0 0 1 29:13
22 飯野 哲也 DNP
24 荒川 颯 7 0 3 2 10 3 4 2 0 0 0 3 1 0 1 22:30
29 富樫 颯人 DNP
32 祝 俊成 DNP
34 宮越 康槙 6 0 0 2 3 2 3 4 5 4 9 3 1 0 2 25:12
41 杉野 晴輝 5 1 1 1 1 0 2 2 2 2 4 0 0 0 0 5:32
51 前田 真吾 0 0 0 0 2 0 0 2 0 1 1 1 0 0 0 5:15
58 平良 彰吾 4 0 1 2 4 0 0 0 0 1 1 2 1 0 1 15:06
99 多田 武史 12 4 10 0 2 0 0 0 1 2 3 0 0 1 0 33:10
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 7 0 0 0 0 00:00
合計 69 10 27 17 44 5 10 20 15 28 43 14 3 1 6 200:00

神奈川大学

HC:幸嶋 謙二
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 福井 健登 DNP
3 小針 幸也 7 1 3 2 3 0 0 0 0 2 2 2 0 0 1 17:09
5 緒方 堅也 6 0 2 3 6 0 0 1 3 1 4 0 0 0 2 35:30
7 東野 恒紀 DNP
11 細澤 将太 0 0 7 0 2 0 2 1 3 6 9 0 1 0 2 37:40
14 安達 祐馬 DNP
23 古川 勇輝 DNP
27 二ノ宮 杉太朗 DNP
30 松岡 恭也 10 0 1 4 11 2 3 3 2 3 5 5 0 0 1 27:20
31 浜谷 元基 DNP
32 伊藤 大地 0 0 0 0 1 0 2 0 1 0 1 0 0 0 0 4:30
34 工藤 卓哉 16 0 1 6 10 4 8 2 6 7 13 2 0 0 1 40:00
37 高橋 佳希 DNP
75 小酒部 泰暉 23 4 7 5 15 1 2 3 0 7 7 1 2 0 2 37:51
87 高木 卓也 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 6 4 10 0 0 0 1 00:00
合計 62 5 21 20 48 7 17 10 21 30 51 10 3 0 10 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第9節、拓殖大と神奈川大の一戦。序盤、両者ともインサイドに積極的にアタックし、得点を奪い合う展開となる。中盤、拓殖大は激しいディフェンスから攻撃のリズムを生み、内外問わずシュートを沈める。一方の神奈川大は、拓殖大のディフェンスを前に思うような攻撃ができず、点差を離されてしまう。なんとか点差を縮めたい神奈川大は、#75小酒部を起点とした攻撃で拓殖大に反撃するも、拓殖大の内外問わない攻撃に、なかなか点差を縮めることが出来ない。対する拓殖大は、アウトサイド陣のシュートが勝負所で決まり、神奈川大を徐々に突き放していく。しかし、神奈川大も簡単には勝ちを譲らない。#30松岡のゲームコントロールから得点を量産し、一気に点差を詰めることに成功する。終盤、激しい追い上げを見せる神奈川大だが、拓殖大のアウトサイド陣が勝負強さを見せ、わずかな点差を守りきる。69-62で拓殖大が勝利しリーグ戦の白星を2とした。


 第1ピリオド、序盤、両者点を奪い合い拮抗した展開となる。神奈川大は#34工藤の積極的なアタックで先制。対する拓殖大は#24荒川のジャンパーで得点を奪う。お互い激しいディフェンスを繰り広げ、両者得点を奪えない時間が続くも、拓殖大#24荒川のアシストが光り、#0山梨が3Pシュートを沈める。さらに#8須崎のドライブインで得点を重ね、神奈川大からリードを奪う。対する神奈川大は、#3小針の3Pシュートを皮切りに#34工藤、#3小針らの積極的なアタックで逆転に成功する。しかし、拓殖大も簡単には流れを渡さない。#15熊澤が3Pシュートを沈め再逆転する。対する神奈川大は#75小酒部のスティールからダンクが炸裂し試合を振り出しに戻す。流れを一気に引き寄せたい神奈川大であったが、終盤に拓殖大#10鱒がゴール下でシュートを決め逆転。14-12で拓殖大が2点リードで第1ピリオド終了。


 第2ピリオド、序盤、拓殖大#0山梨が内外問わないアタックで連続得点を奪い神奈川大を引き離す。一方の神奈川大は#34工藤、#75小酒部らのアタックで対抗するも、拓殖大の激しいディフェンスの前に思うように得点を奪えない。拓殖大は#99多田、#34宮越、#24荒川らのアタックで追加点を奪い、主導権を握る。神奈川大は#34工藤、#75小酒部を起点とした攻撃で反撃を試みるも、拓殖大の激しいディフェンスに止められ、得点を奪うことができない。拓殖大のペースで試合は進み、39-25で拓殖大が14点リードで前半を折り返す。


 第3ピリオド、開始から神奈川大は#30松岡を中心に激しいアタックを繰り返し、点差を縮める。対する拓殖大は神奈川大の激しいディフェンスの前に思うように得点を奪えず、防戦一方の展開となる。拓殖大はタイムアウトで一旦試合を落ち着かそうとするも、神奈川大の勢いは止まらない。#30松岡のゲームコントロールから、#75小酒部の内外問わないアタックで点差を一気に2点に縮める。しかし拓殖大も黙っていない。終盤に拓殖大#58平良がジャンパーを沈め、流れを引き寄せ第3ピリオド終了。50-46で拓殖大が4点リードで最終ピリオドを迎える。


 第4ピリオド、序盤、拓殖大#58平良、#9小室らのアタックで連続得点を奪い、神奈川大を引き離す。対する神奈川大は、#75小酒部のアウトサイドシュートが連続で決まり、再び点差を縮め、拓殖大を攻め立てる。拓殖大も負けじと#0山梨、#15熊澤らが連続得点を奪い、神奈川大にリードを与えない。なんとか逆転したい神奈川大だが、拓殖大#99多田に3Pシュートを沈められてしまい、点差を離されてしまう。意地を見せたい神奈川大は、#5緒方、#34工藤らが連続得点を奪うも、終了間際に拓殖大#15熊澤に3Pシュートを決められ、万事休す。69-62の接戦の末、拓殖大が勝利。リーグ戦戦績を2勝7敗とした。


常見 悠介