試合区分:No.10518
開催期日:2018年9月22日
開始時間:14:50:00
開催場所: 水戸市総合運動公園体育館aコート
主審:東條 輝正
副審:笠島 喜与都

日本大学 59 16 -1P- 19
10 -2P- 20
17 -3P- 17
16 -4P- 21
-OT-
-OT-
77 青山学院大学

日本大学

HC:城間 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 シェイク ケイタ 2 0 0 1 4 0 0 2 1 6 7 1 0 2 2 19:25
2 駒沢 颯 14 1 1 5 8 1 1 2 0 2 2 1 2 0 3 18:19
3 市橋 歩 DNP
4 上澤 俊喜 DNP
9 島尻 玲央 6 0 0 3 4 0 3 4 2 3 5 0 2 1 4 38:32
11 高原 晟也 DNP
14 松脇 圭志 7 2 10 0 3 1 4 2 1 3 4 0 0 0 1 27:00
21 青木 裕哉 5 1 5 1 4 0 0 0 0 2 2 4 0 0 3 32:25
23 本村 亮輔 3 1 2 0 3 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 13:00
33 比嘉 崇光 20 1 4 5 10 7 7 0 1 3 4 1 0 1 2 29:15
34 藤井 優 DNP
55 矢口 翔 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:28
59 嶋田 裕斗 DNP
62 久納 有清 DNP
99 原 大晴 2 0 0 1 1 0 0 2 2 4 6 0 0 2 0 20:35
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 0 0 0 0 00:00
合計 59 6 22 16 37 9 15 12 7 27 34 7 4 6 15 200:00

青山学院大学

HC:廣瀬 昌也
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
7 ナナー ダニエル弾 13 0 0 5 6 3 5 4 1 1 2 0 2 0 0 14:51
10 高橋 浩平 8 0 1 4 5 0 0 3 3 2 5 0 0 1 2 13:37
12 斉藤 諒馬 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 8:42
13 前田 悟 7 0 4 3 8 1 2 2 2 6 8 2 1 0 2 23:06
14 伊森 響一郎 17 4 6 2 5 1 1 1 1 2 3 2 2 0 2 25:39
15 石井 悠太 2 0 2 1 3 0 0 0 0 1 1 1 2 0 2 25:24
17 保泉 遼 3 1 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:33
21 納見 悠仁 7 1 2 2 5 0 0 0 0 3 3 2 0 0 1 19:08
24 永野 聖汰 2 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1:33
27 ウィタカ ケンタ 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 3:30
31 戸田 貫太 3 1 2 0 1 0 0 1 1 2 3 1 0 0 0 23:09
36 相原 アレクサンダー学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1:33
42 佐野 龍之介 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:00
43 渡嘉敷 直輝 7 1 4 2 5 0 2 3 0 1 1 1 2 0 0 22:01
52 赤穂 雷太 8 2 4 0 1 2 4 3 3 6 9 1 0 1 1 15:14
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4 7 0 0 0 0 00:00
合計 77 10 28 19 39 9 16 18 15 30 45 11 9 2 11 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第9節、青山学院大学と日本大学の試合。序盤から多彩なオフェンスを展開し得点を積み上げたのは青学大。日本大は持ち前のオフェンシブなバスケットが沈黙し得点できずに厳しい展開となる。日本大が反撃の糸口を掴みきれないなか、青学大が15点前後のリードを保ったまま時間が進む。そのまま時間が過ぎてタイムアップ。77-59のスコアで青学大が勝利し、8勝目を挙げた。

 第1ピリオド、青学大が最高のスタートを切る。#7ダニエルのダンクを皮切りに、#13前田が高確率で外角シュートを沈めて流れに乗る。大きくリードを奪うも、日本大は#33比嘉が8得点としぶとく食らいつく。19-16と青学大リードでピリオドを終える。

 第2ピリオド、青学大の猛攻が止まらない。#14伊森、#52赤穂の3Pシュートが連続で決まり突き放す。日本大は#33比嘉の3Pシュートのバスケットカウントが反撃ののろしかと思われたが、後が続かない。39-26と青学大が大きくリードして試合を折り返す。

 第3ピリオド、日本大が#21青木のゲームメイクから、持ち味のオフェンス力を発揮し得点を量産していく。しかし、青学大のペースも落ちない。#21納見や#7ダニエルのシュートでやり返す。日本大は思うように点差を詰められず、56-43と青学大リードで最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、展開は大きく変わらないまま時間が進む。日本大は#33比嘉、#9島尻が果敢に攻め入るも、青学大は#21納見と#14伊森の3Pシュートで簡単に跳ね返す。そのまま時間が過ぎて試合は終了。青学大が77-59のスコアで日本大を下し、8勝目をマークした。

木村泰基