試合区分:No.10528
開催期日:2018年9月23日
開始時間:16:20:00
開催場所: 水戸市総合運動公園体育館bコート
主審:佐田 幸一
副審:嶋崎 貴

中央大学 56 13 -1P- 19
17 -2P- 18
06 -3P- 20
20 -4P- 15
-OT-
-OT-
72 大東文化大学

中央大学

HC:荻野 大祐
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 肥後 将俊 0 0 0 0 2 0 0 0 1 4 5 1 0 0 1 11:25
2 大﨑 翔太 14 2 5 1 7 6 7 4 3 1 4 0 1 0 3 21:50
8 古河 ウェスリー 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:46
11 林 祐太郎 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 7:25
12 樋口 雄気 3 1 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 6:12
13 中村 功平 9 1 4 2 6 2 2 4 0 2 2 2 0 0 2 31:56
14 久岡 幸太郎 10 0 3 5 8 0 1 1 0 3 3 0 1 1 3 30:01
21 藤井 裕太 DNP
22 足立 翔 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:20
28 鶴巻 啓太 3 0 3 1 4 1 2 1 0 7 7 2 3 0 0 33:54
33 三上 侑希 0 0 3 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 1 7:29
34 西村 一輝 3 0 0 1 1 1 1 0 1 0 1 0 0 0 0 2:48
35 清水 宏記 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:04
71 沼倉 壮輝 8 1 2 2 4 1 2 1 1 3 4 1 1 0 0 26:49
86 青木 亮 6 0 1 3 6 0 0 4 0 1 1 0 0 0 0 17:00
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 8 0 0 0 1 00:00
合計 56 5 25 15 39 11 15 16 10 27 37 8 6 1 11 200:00

大東文化大学

HC:西尾 吉弘
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 深渡瀬 海 5 1 3 1 3 0 0 3 0 2 2 0 0 0 1 12:05
2 飴谷 由毅 9 1 6 3 6 0 0 2 2 2 4 3 0 0 1 28:02
3 星野 京介 3 1 3 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6:54
12 熊谷 航 11 3 8 1 2 0 0 1 0 3 3 2 3 0 0 24:40
13 小谷 健太 4 1 3 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 7:35
15 モッチ ラミン 10 0 0 5 8 0 2 3 2 6 8 2 1 2 2 22:17
18 蕪﨑 隼人 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1:46
23 奥住 将人 9 1 4 2 5 2 5 0 1 0 1 2 0 0 0 25:23
25 高木 慎哉 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 2:34
31 税所 寛 2 0 0 1 2 0 0 0 2 0 2 0 0 0 1 3:21
34 中村 浩陸 5 1 2 1 1 0 0 2 1 1 2 2 1 1 1 17:35
39 ジェン アビブ 3 0 0 1 1 1 6 2 1 9 10 0 0 0 1 15:57
81 後藤 大輝 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 1 6:23
91 ビリシベ 実会 11 1 5 4 7 0 0 0 4 3 7 2 0 1 4 23:42
99 増本 優太 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 1:46
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 3 7 0 0 0 1 00:00
合計 72 10 36 19 37 4 16 14 18 31 49 14 5 4 14 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第10節、中央大学と大東文化大学の一戦。先制しリードを得た大東文化大を中央大が追いかける展開となる。前半、中央大は#13中村、#14久岡らガード陣が得点に多く絡み一時1桁差とする場面も見えたが、大東文化大は内外バランスよくコンスタントに得点することで逆転を阻止する。後半、中央大は#86青木、#71沼倉のファールが嵩み、インサイドへの攻撃を許してしまうと大東文化大はすかさずインサイドで得点を重ねリードをさらに広げる。その後も大東文化大優勢のムードは変わらずタイムアップ。72-56で大東文化大が勝利し、リーグ戦績を9勝1敗とした。


 第1ピリオド、序盤、大東文化大は#2飴谷と#23奥住が連続で3Pシュートを沈め勢いに乗るとディフェンスでは、#15モッチ、#39アビブらがリバウンドを独占し、得点へと繋げる。対する中央大は、大東文化大のタイトなディフェンスに攻めあぐね、得点が伸びなかったが、後半、スティールから得点のチャンスを掴むと終了間際に#2大﨑が立て続けに得点し何とかくらいつく。19-13、大東文化大が僅かにリードし第1ピリオド終了。


 第2ピリオド、前半、中央大は#13中村の個人技が光り大東文化大の背中を捉えるも、大東文化大は内外バランスよく得点を重ね、#15モッチのインサイドプレイでリードを守り切る。後半、中央大のアウトサイドシュートが当たり始め、一気に4点差まで追い上げるが大東文化大は速攻ですぐに決め返し相手の追随を許さない。37-30、大東文化大リードのまま前半を折り返す。


 第3ピリオド、前半、両チームともシュートがゴールに嫌われ得点が伸びず、時間だけが過ぎていく展開となる。後半、逆転を狙う中央大はオールコートディフェンスを敷きオフェンスチャンスを狙いにかかるが、大東文化大#15モッチにインサイドを独占されてしまいリングが遠ざかる。対する大東文化大はインサイドアウトでディフェンスを大きく揺さぶり#15モッチのインサイドプレイと#23奥住のアウトサイドシュートを中心に加点していく。57-36、大東文化大優勢のまま第3ピリオド終了。


 第4ピリオド、後がない中央大はスピードで攻め込み、#14久岡と#71沼倉の2連続ペネトレイトで得点するが単発に終わってしまい、得点が伸びず。対する大東文化大は、中央大の粘り続けるディフェンスに焦りを見せるが、インサイドの高さとアウトサイドシュートの確率で中央大を遥かに上回り、相手を寄せ付けることなく試合終了。72-56、最初にリードを得た大東文化大が勝利し、リーグ戦績を9勝1敗とした。

坂井 羽衣