試合区分:No.10533
開催期日:2018年9月29日
開始時間:16:40:00
開催場所: つくばカピオ
主審:小澤 勤
副審:廣瀬 俊昭

白鴎大学 61 15 -1P- 11
17 -2P- 20
12 -3P- 18
17 -4P- 23
-OT-
-OT-
72 大東文化大学

白鴎大学

HC:網野 友雄
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
12 菅谷 勘太 DNP
13 西山 修人 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 3:10
14 髙間 龍之介 15 3 8 2 4 2 5 2 0 4 4 1 0 0 2 34:59
21 小室 昂大 DNP
23 荒谷 裕秀 10 1 2 3 3 1 2 2 0 0 0 1 2 0 2 19:19
25 角田 太輝 DNP
32 三浦 望 3 0 0 1 3 1 2 2 0 1 1 1 1 0 1 30:31
35 秋野 風季 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5:30
37 長島 蓮 4 0 0 2 8 0 0 3 2 3 5 4 1 0 3 33:02
44 星野 曹樹 5 1 2 1 1 0 0 1 3 1 4 1 1 0 3 21:18
52 ブラ グロリダ 10 0 0 5 6 0 0 1 1 8 9 0 0 0 3 18:01
56 中川 綸 5 1 5 1 3 0 1 1 0 1 1 1 0 0 1 12:11
60 松下 裕汰 DNP
75 ディオップ マムシェッハイブラヒマ 9 0 2 4 11 1 4 2 1 5 6 1 0 0 2 21:59
81 小島 基嵩 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 7 6 13 0 0 0 1 00:00
合計 61 6 21 19 39 5 14 15 14 29 43 10 5 0 18 200:00

大東文化大学

HC:城間 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 深渡瀬 海 DNP
2 飴谷 由毅 0 0 1 0 1 0 0 3 1 5 6 1 2 1 4 30:40
3 星野 京介 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:44
12 熊谷 航 19 2 6 6 11 1 1 2 0 1 1 3 1 0 1 29:21
13 小谷 健太 13 4 6 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 19:59
15 モッチ ラミン 9 0 0 4 13 1 2 2 0 4 4 1 1 2 2 28:10
23 奥住 将人 5 1 3 1 4 0 0 0 0 2 2 2 1 0 0 18:30
25 高木 慎哉 DNP
31 税所 寛 DNP
34 中村 浩陸 10 2 2 2 3 0 1 2 0 1 1 1 1 0 0 12:32
39 ジェン アビブ 10 0 0 3 3 4 4 2 0 2 2 1 1 0 0 11:50
81 後藤 大輝 4 0 2 1 4 2 4 0 3 1 4 2 0 0 1 28:14
90 小川 直樹 DNP
91 ビリシベ 実会 2 0 1 1 3 0 0 3 1 2 3 0 0 0 3 20:00
99 増本 優太 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 7 9 0 0 0 1 00:00
合計 72 9 21 18 42 9 13 14 7 25 32 11 7 3 12 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第11節、白鷗大学と大東文化大学の一戦。内外バランスよく得点を重ねリードを奪った白鷗大を大東文化大が追いかける展開となる。白鷗大がリードを広げ、焦りを見せた大東文化大であったが#12熊谷のバスケットカウントで流れを変え、前半を1点ビハインドで折り返す。後半、追いつきたい大東文化大は#12熊谷のジャンパーで難なく逆転に成功するとアウトサイドシュートが立て続けに決まり流れを一気に変える。一時、白鷗大#14髙間の3Pシュートで勝負は振り出しに戻るが、勢いに乗る大東文化大を白鷗大は止めることができずそのままタイムアップ。72-61、大東文化大が勝利し、リーグ戦績を10勝1敗とした。


 第1ピリオド、序盤、両チームとも落ち着いた立ち上がりを見せるが、大東文化大はシュートがゴールに嫌われてしまう。対する白鷗大は#44星野の3Pシュートを皮切りに内外バランスよく得点を重ね、リードを得る。後半、追いつきたい大東文化大は#91ビリシベがインサイドで得点を重ねると、終了間際に#39アビブが力強いダンクを決め、白鷗大の背中を捉える。15-11、白鷗大が一歩リードし、第1ピリオド終了。


 第2ピリオド、開始から白鷗大が猛攻をかけ、#37長島を筆頭に速攻で一気に6得点を挙げると、大東文化大には焦りが見え始め、ターンオーバーを連発してしまう。後半、追いつきたい大東文化大は#12熊谷が意地を見せ、バスケットカウントとアウトサイドシュートで立て続けに得点し、点差を1まで縮める。その後アウトサイドを中心に決めたら決め返し、拮抗した展開となるが、終了間際に白鷗大#14髙間がフリースローを確実に沈め、何とかリードを守り切る。32-31、白鷗大が1点リードを守り前半を折り返す。


 第3ピリオド、前半、ビハインドを背負っていた大東文化大は#12熊谷のジャンパーで逆転に成功すると、両チームともディフェンスに磨きがかかり、得点が伸びることなく時間だけが過ぎていく。後半、先手を打ったのは、大東文化大。#13小谷と#34中村の3Pシュートが連続で決まり、白鷗大を突き放しにかかる。49-44、大東文化大が逆転に成功し、第3ピリオド終了。


 第4ピリオド、開始直後、後がない白鷗大は#75シェッハのダンクと#14髙間の3Pシュートが立て続けに決まり、49-49と勝負を振り出しに戻す。対する大東文化大は、白鷗大の追い上げに臆することなく#13小谷が3Pシュートとフリースローをしっかりと決めリードを守る。後半、焦りを見せる白鷗大を尻目に大東文化大は持ち前のスピーディーなオフェンスを展開し、#12熊谷の3Pシュートで勝利を確信し、そのままタイムアップ。72-61、逆転に成功した大東文化大が勝利し10個目の白星を獲得した。


坂井 羽衣