試合区分:No.10554
開催期日:2018年10月13日
開始時間:11:40:00
開催場所: 専修大学生田キャンパス
主審:大庭 英裕
副審:山岸 大輔

大東文化大学 51 10 -1P- 13
13 -2P- 14
16 -3P- 15
12 -4P- 14
-OT-
-OT-
56 東海大学

大東文化大学

HC:西尾 吉弘
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 深渡瀬 海 DNP
2 飴谷 由毅 3 1 2 0 2 0 0 2 3 1 4 1 0 1 1 25:31
3 星野 京介 DNP
12 熊谷 航 8 2 10 1 4 0 0 3 0 1 1 2 1 0 0 30:36
13 小谷 健太 DNP
15 モッチ ラミン 22 0 0 10 24 2 5 3 5 12 17 0 4 2 4 32:47
18 蕪﨑 隼人 DNP
23 奥住 将人 8 2 5 1 1 0 0 2 0 2 2 0 3 0 2 31:42
31 税所 寛 DNP
34 中村 浩陸 5 1 4 1 3 0 0 2 1 2 3 2 1 0 2 22:36
39 ジェン アビブ 0 0 0 0 3 0 0 2 4 3 7 1 0 0 2 7:13
81 後藤 大輝 0 0 1 0 2 0 2 0 1 1 2 0 0 0 0 9:35
90 小川 直樹 DNP
91 ビリシベ 実会 5 0 3 2 7 1 2 1 1 3 4 1 1 0 2 35:51
99 増本 優太 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4:09
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 6 3 9 0 0 0 2 00:00
合計 51 6 26 15 46 3 9 15 21 28 49 7 10 3 16 200:00

東海大学

HC:陸川 章
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 寺嶋 良 6 0 1 3 6 0 0 1 0 2 2 1 0 0 2 15:34
1 大倉 龍之介 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:59
10 鶴田 美勇士 8 0 0 4 6 0 0 1 1 2 3 0 1 1 0 12:18
11 大倉 颯太 6 0 1 3 9 0 0 1 2 2 4 5 0 0 0 29:53
15 内田 旦人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 3:59
16 中村 碧杜 DNP
19 西田 優大 9 1 5 1 4 4 4 2 0 7 7 0 1 0 0 27:07
22 笹倉 怜寿 6 0 0 2 7 2 4 0 0 4 4 2 0 0 4 26:49
23 佐土原 遼 1 0 1 0 3 1 2 2 0 1 1 0 1 0 0 8:09
25 平岩 玄 2 0 1 1 5 0 0 0 3 6 9 3 0 0 3 27:42
28 津屋 一球 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2:49
35 木下 碧人 DNP
37 秋山 皓太 5 1 3 1 2 0 0 3 0 0 0 0 1 0 1 11:48
38 春日 恒太郎 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:51
86 八村 阿蓮 13 0 0 6 8 1 2 0 2 4 6 1 0 5 3 29:02
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 3 7 0 0 0 0 00:00
合計 56 2 14 21 50 8 12 12 12 31 43 12 5 6 15 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第15節。大東文化大学と東海大学の一戦。序盤は東海大が連続で得点を挙げ、リードを得る。対する大東文化大も決められたら決め返し、必死に食らいつく。中盤、両チームのインサイド陣が白熱した攻防を繰り広げる。一進一退の攻防が続くも、終盤は東海大の堅守速攻により僅かなリードを守り抜きタイムアップ。56-51と接戦を制し、東海大がリーグ戦績を12勝3敗とした。

 第1ピリオド、序盤から両チームとも堅いデェフェンスを披露し、お互い思うように得点できない。東海大は#22笹倉が連続で得点を挙げ、一歩リードする。終盤、大東文化大は#15モッチがインサイドで加点し、追撃。13-10で東海大がリードして、第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、流れを掴んだ東海大は#0寺嶋のスティールからの速攻で加点、さらに#10鶴田がリバウンドショットでチームに勢いを与える。対する大東文化大も#91ビリシベのドライブを皮切りに#12熊谷の3Pシュート、#15モッチのゴール下シュートで畳み掛け、応戦する。27-23と依然として東海大がリードを得て、前半を折り返す。

 第3ピリオド、リードを許した大東文化大は#91ビリシベが積極的にリングにアタックして得点する。対する東海大は#11大倉を起点に#86八村がゴール下で加点すると、さらに#0寺嶋、#10鶴田らが速攻から続けて得点し、リードを10に広げる。終盤、大東文化大は相手の連続ターンオーバーを誘うと、きっちりと加点し追撃。42-39と大東文化大はビハインドを3として、最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、開始から東海大は#37秋山の3Pシュートで加点、さらに#86八村がリバウンドショットで得点する。対する大東文化大は#15モッチのゴール下シュート、#23奥住のジャンパーで追撃するも、力及ばずタイムアップ。東海大が勝利し、リーグ戦12個目の白星を挙げた。

宇留島 萌