試合区分:No.10600
開催期日:2018年11月11日
開始時間:18:20:00
開催場所: 横浜国際プール
主審:廣瀬 俊昭
副審:中島 弘幸

筑波大学 93 17 -1P- 21
24 -2P- 17
30 -3P- 11
22 -4P- 19
-OT-
-OT-
68 中央大学

筑波大学

HC:吉田 健司
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
5 西川 智希 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:18
7 青木 太一 3 1 1 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:27
8 菅原 暉 11 1 1 4 5 0 1 1 0 2 2 2 0 0 1 26:39
10 村岸 航 5 1 1 1 2 0 0 3 0 2 2 0 0 0 1 11:25
11 増田 啓介 6 0 0 3 9 0 0 2 1 3 4 0 2 0 2 25:06
13 二上 耀 7 0 2 2 4 3 4 2 0 4 4 2 1 0 2 18:43
15 森下 魁 6 0 0 2 5 2 4 0 4 1 5 0 0 0 1 12:56
21 仲澤 翔大 3 0 1 1 2 1 1 0 0 1 1 0 0 0 0 3:29
23 半澤 凌太 6 0 0 3 8 0 0 0 1 4 5 1 0 0 1 20:45
26 坂本 佳毅 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:18
27 山口 颯斗 14 4 5 1 1 0 0 0 1 3 4 2 0 0 1 20:30
33 三森 啓右 6 0 0 3 4 0 0 1 1 0 1 2 0 0 0 9:49
65 玉木 祥護 DNP
75 井上 宗一郎 10 1 1 2 4 3 4 2 2 1 3 1 0 0 0 15:57
88 牧 隼利 16 2 3 5 9 0 0 1 2 1 3 2 2 0 1 29:38
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 4 0 0 0 0 00:00
合計 93 10 16 27 55 9 14 13 13 25 38 12 5 0 10 200:00

中央大学

HC:荻野大祐
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 肥後 将俊 18 2 4 4 7 4 4 1 0 4 4 2 1 0 0 28:35
2 大﨑 翔太 4 0 3 2 4 0 0 3 1 2 3 1 0 0 2 22:22
3 大戸 克俊 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:18
11 林 祐太郎 2 0 1 1 2 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 10:59
12 樋口 雄気 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:14
13 中村 功平 16 2 6 5 7 0 0 3 1 0 1 3 0 0 4 31:35
14 久岡 幸太郎 6 2 4 0 1 0 0 1 0 0 0 2 0 0 2 26:24
21 藤井 裕太 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3:29
22 足立 翔 2 0 0 1 1 0 0 0 1 1 2 0 0 0 1 11:47
28 鶴巻 啓太 12 3 6 1 2 1 2 5 0 3 3 2 2 0 2 26:53
33 三上 侑希 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5:12
34 西村 一輝 DNP
40 山田 航大 1 0 0 0 1 1 2 1 0 1 1 0 0 0 0 2:27
71 沼倉 壮輝 2 0 1 1 2 0 0 0 1 1 2 0 0 0 0 11:25
86 青木 亮 5 1 1 1 2 0 2 3 1 2 3 0 0 0 3 16:19
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 6 0 0 0 1 00:00
合計 68 10 29 16 30 6 10 17 5 20 25 11 4 0 18 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第22節、筑波大学と中央大学の一戦。前半は互いに譲らない展開が続き、試合は拮抗する。しかし、第3ピリオドでオフェンス力を爆発させた筑波大が、中央大を一気に突き放して主導権を握る。その後も展開は変わらないまま時間が過ぎ、筑波大#21仲澤がとどめのバスケットカウントを決めて試合終了。93-68で筑波大が勝利し、リーグ戦を4位で終えた。


 第1ピリオド、中央大が先制奇襲攻撃を仕掛ける。#13中村、#28鶴巻のシュートが連続で決まり流れに乗ると、#14久岡も3Pシュートで続く。対する筑波大は#8菅原のゲームメイクから#88牧や#15森下らがスコア。一進一退の展開の中、中央大がわずかに抜け出して21-17のスコアで第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、展開に大きな動きがない中、中央大は#28鶴巻と#86青木が要所で3Pシュートを決める。すると筑波大も3Pシュート攻勢で応戦、#23半澤、#75井上がこれを沈める。以降は点の取合いとなる中、筑波大が#27山口の3Pシュートで逆転に成功する。41-38のスコアで前半終了。

 第3ピリオド、筑波大#88牧が11得点と暴れると、その火は#8菅原、#23半澤にも燃え移る。素早い猛攻を仕掛けて一気に中央大を突き放す。一矢報いたい中央大は#13中村が3Pシュートを沈めるも、単発に終わる。71-49のスコアで最終ピリオドに突入。

 第4ピリオド、筑波大は攻撃の手を緩めずに得点を決め続ける。対する中央大は#14久岡、#0肥後が果敢にリングにアタックするも、追いつくには至らない。筑波大は終了間際に#21仲澤がとどめのバスケットカウントを決めて、試合終了。93-68で筑波大が勝利。リーグ戦を4位で終えた。

木村泰基