試合区分:No.11296
開催期日:2018年11月4日
開始時間:16:10:00
開催場所: 筑波大学中央体育館
主審:和嶋 陽一
副審:廣瀬 俊昭

筑波大学 65 12 -1P- 15
19 -2P- 13
15 -3P- 14
19 -4P- 11
-OT-
-OT-
53 大東文化大学

筑波大学

HC:吉田 健司
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
7 青木 太一 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:04
8 菅原 暉 7 1 4 2 5 0 0 0 1 4 5 2 0 0 1 32:47
10 村岸 航 DNP
11 増田 啓介 16 1 3 4 11 5 6 2 3 7 10 2 1 1 3 38:17
13 二上 耀 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4:13
15 森下 魁 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 2:37
16 野本 大智 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 1 7:12
21 仲澤 翔大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:02
23 半澤 凌太 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:51
26 坂本 佳毅 DNP
27 山口 颯斗 5 0 2 1 3 3 4 2 2 5 7 1 3 0 4 35:05
33 三森 啓右 0 0 0 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 1 5:37
65 玉木 祥護 0 0 0 0 2 0 0 1 1 0 1 0 0 0 2 2:50
75 井上 宗一郎 21 1 1 8 13 2 2 2 4 6 10 0 1 1 1 31:46
88 牧 隼利 16 1 2 5 8 3 4 0 0 1 1 1 0 0 4 34:38
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 6 0 0 0 0 00:00
合計 65 4 12 20 44 13 16 14 12 28 40 6 6 2 17 200:00

大東文化大学

HC:西尾 吉弘
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
1 深渡瀬 海 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:41
2 飴谷 由毅 11 1 7 4 5 0 0 4 1 2 3 2 3 0 0 31:18
3 星野 京介 DNP
12 熊谷 航 4 0 5 2 3 0 0 1 0 0 0 3 0 0 1 38:11
13 小谷 健太 0 0 1 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 5:17
15 モッチ ラミン 16 0 0 6 8 4 11 2 2 6 8 0 2 2 3 32:29
18 蕪﨑 隼人 DNP
23 奥住 将人 5 1 6 1 2 0 0 1 2 3 5 3 1 0 2 32:08
25 高木 慎哉 DNP
29 兒玉 修 DNP
34 中村 浩陸 0 0 1 0 0 0 0 2 0 1 1 0 1 0 1 4:24
39 ジェン アビブ 5 0 0 2 4 1 2 2 2 3 5 0 1 0 2 7:31
81 後藤 大輝 0 0 1 0 0 0 0 1 1 0 1 1 0 0 1 8:42
91 ビリシベ 実会 12 0 3 6 11 0 0 3 1 4 5 3 0 0 1 32:09
99 増本 優太 0 0 1 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5:10
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 3 7 0 0 0 1 00:00
合計 53 2 25 21 37 5 13 16 14 22 36 12 8 2 13 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第12節、筑波大学と大東文化大学の一戦。昨年度のインカレ決勝の再現となる好カード、大東文化大は連勝に、筑波大はリベンジに燃える。序盤から拮抗した試合展開。第1ピリオドはゴール近辺で点を重ねた大東文化大がリードしていたが、前半終了時にはアタックからファウルを誘った筑波大がリードする。後半は一進一退の攻防が続くが、筑波大の4点前後リードが保たれたまま時間が進む。終盤、筑波大はディフェンスとリバウンドから流れを掴み、残り2分を切ったところでリードを二桁にする。熱戦の末に65-53で筑波大が勝利、リーグ戦績を12勝8敗にした。


 第1ピリオド、筑波大は#11増田のジャンパー、#8菅原の3Pシュート、#75井上のリバウンドシュートなどで得点。対する大東文化大は#12熊谷の1on1、#15モッチのインサイドアタック、#23奥住の3Pシュートなどで加点。ディフェンスで互いに意地を見せてややロースコアな展開に。15-12、大東文化大リードで第1ピリオド終了。


 第2ピリオド、序盤、大東文化大は#39アビブのインサイドプレイで攻めたてる。筑波大は#88牧のアウトサイドシュートで応戦。中盤以降、大東文化大のファウルがかさみ、筑波大はチームファウルで得たフリースローで得点すると一歩前へ。一時筑波大のペースとなるも、終盤大東文化大は#91ビリシベや#2飴谷の得点で奮起。31-28、筑波大リードで前半終了。


 第3ピリオド、筑波大は#11増田の1on1と#88牧のジャンパーなどを中心に加点。大東文化大はパスワークから#91ビリシベらが得点。終盤大東文化大が破竹の勢いで攻めたてるが、筑波大は#75井上の3Pシュートを含む活躍リードを渡さず。46-42、筑波大リードで最終ピリオドへ。


 第4ピリオド、大東文化大#2飴谷のジャンパーでスタート。その後も#91ビリシベや#15モッチが続くが、筑波大#75井上にゴール下での得点を許し、追いつくことができない。筑波大は粘り強いディフェンスとリバウンドからチャンスを掴み、残り2分を切ったところでリードを二桁にする。筑波大がそのまま65-53で逃げ切り勝利、リーグ戦12個目の白星を挙げた。

津嶋 大悟