試合区分:No.11297
開催期日:2018年11月4日
開始時間:17:00:00
開催場所: 青山学院大学相模原キャンパス
主審:佐田 幸一
副審:桑原 一貴

日本大学 68 05 -1P- 18
22 -2P- 26
22 -3P- 27
19 -4P- 18
-OT-
-OT-
89 青山学院大学

日本大学

HC:城間 修平
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 シェイク ケイタ 19 1 1 8 16 0 2 1 7 10 17 1 1 2 2 38:15
2 駒沢 颯 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 0 0 2:37
3 市橋 歩 DNP
4 上澤 俊喜 0 0 0 0 2 0 0 0 0 1 1 0 1 0 1 11:39
9 島尻 玲央 2 0 1 0 1 2 2 1 0 2 2 0 1 0 0 16:12
10 杉本 天昇 20 2 10 4 6 6 7 1 1 1 2 4 2 0 3 34:00
11 高原 晟也 3 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:17
14 松脇 圭志 11 1 6 3 8 2 2 2 2 1 3 2 1 0 1 28:42
21 青木 裕哉 5 1 3 1 3 0 0 1 1 1 2 5 0 0 3 26:04
23 本村 亮輔 4 0 3 2 3 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 13:52
33 比嘉 崇光 2 0 0 1 6 0 0 3 0 1 1 0 0 0 0 14:41
34 藤井 優 DNP
49 長谷川 遼 DNP
74 若林 行宗 DNP
99 原 大晴 2 0 0 1 1 0 0 0 1 1 2 0 0 0 0 11:40
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 6 0 0 0 1 00:00
合計 68 6 26 20 46 10 13 10 17 21 38 13 6 2 11 200:00

青山学院大学

HC:廣瀬 昌也
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
7 ナナー ダニエル弾 10 0 0 5 10 0 0 3 3 1 4 0 0 2 0 23:39
10 高橋 浩平 4 0 0 2 3 0 0 0 4 2 6 0 0 0 0 12:34
12 斉藤 諒馬 3 1 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 9:15
13 前田 悟 11 1 3 4 8 0 0 2 3 3 6 3 0 1 2 24:32
14 伊森 響一郎 18 4 6 2 3 2 2 0 0 7 7 6 0 0 3 27:40
15 石井 悠太 8 2 2 0 3 2 2 1 0 1 1 5 1 0 2 23:24
17 保泉 遼 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2:17
20 戸田 晃輔 DNP
21 納見 悠仁 6 0 3 3 8 0 0 1 0 1 1 3 1 0 0 14:19
24 永野 聖汰 2 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2:17
27 ウィタカ ケンタ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3:47
31 戸田 貫太 7 1 1 2 5 0 0 2 1 1 2 0 1 0 1 12:59
36 相原 アレクサンダー学 3 0 1 1 1 1 2 1 0 0 0 0 1 0 2 5:53
43 渡嘉敷 直輝 0 0 2 0 0 0 0 4 0 2 2 1 0 0 0 9:11
52 赤穂 雷太 17 1 2 6 6 2 2 1 0 5 5 2 1 0 1 28:13
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 7 8 0 0 0 0 00:00
合計 89 10 23 25 47 9 10 17 12 31 43 20 5 3 11 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第12節、日本大学対青山学院大学の一戦。序盤からペースを握ったのは青山学院大。内外にバランス良く得点していき、シュートが決まらずリズムに乗れない日本大を尻目に順調に加点していく。前半を青山学院大が44-27でリードして折り返す。迎えた後半、徐々にシュートが入り始めた日本大は、1on1を中心としたオフェンスから得点していく。しかし、青山学院大の勢いは衰えることを知らず、後半も前半同様テンポよく得点して日本大を突き放す。終始勢いが落ちなかった青山学院大、日本大に序盤以降一度もリードを奪われることなく68-89で勝利し、リーグ戦戦績を13勝7敗とした。

  第1ピリオド、日本大は、#21青木の3Pシュートで先手を打つ。対する青山学院大は#15石井の連続3Pシュートですぐさま逆転すると、#13前田のジャンパー、#52赤穂のレイアップなどで順調に加点していく。反撃したい日本大だったが、青山学院大の堅いディフェンスに阻まれ得点することができない。その間にも青山学院大のファストブレイクにより点差を広げられてしまい、そのまま青山学院大13点リードの18-5で第1ピリオド終了。

  第2ピリオド、点差を詰めたい日本大は#10杉本、#14松脇の1on1を中心に#14松脇の3Pシュート、#23本村のジャンパーなどで反撃していく。しかし、攻撃の手を緩めない青山学院大に、#14伊森、#31戸田らの連続3Pシュートなどで逆に点差を離されてしまう。終盤、日本大が#10杉本の1on1で加点して前半終了。44-27、青山学院大がリードを広げた形で前半を折り返す。

  第3ピリオド、ジャンパーが決まり始めた日本大は、オフェンスからリズムを取り戻そうとする。#10杉本、#0ケイタらが得点していきこのまま日本大が勢いに乗るかと思われた。しかし、この試合攻守両面で冴えわたっている青山学院大は簡単に主導権は渡さない。#13前田が連続でジャンパーを決めると、それに#7ダニエルや#52赤穂が続き点差を詰めようとする日本大を青山学院大が逆に突き放す。このピリオドも一貫して青山学院大ペースで試合が進み、青山学院大22点リードの71-49で第3ピリオド終了。

  第4ピリオド、どうにかして点差を詰めたい日本大は#10杉本らがフリースローで加点していく。だが、青山学院大#14伊森がこの日4本目3Pシュートを決めるなど、このピリオドも青山学院大のペースで終始展開されていく。最終的に89-68で青山学院大が日本大に21点差をつけて勝利し、リーグ戦13勝目を飾った。


谷嶋 瑞希