試合区分:No.8357
開催期日:2016年9月17日
開始時間:11:00:00
開催場所: 慶應義塾大学日吉キャンパス
主審:清水 幹治
副審:眞榮喜 工

拓殖大学 80 24 -1P- 19
22 -2P- 18
16 -3P- 11
18 -4P- 16
-OT-
-OT-
64 青山学院大学

拓殖大学

HC:池内 泰明
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
6 山田 勝太 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:59
9 杉谷 賢人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 1 1 4 15:57
11 山崎 拓 4 0 3 2 3 0 1 2 0 3 3 2 1 1 0 19:58
13 阿部 諒 14 1 4 5 7 1 2 3 4 2 6 0 3 0 3 32:39
15 熊澤 圭祐 3 1 2 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 13:06
16 飯田 遼 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:38
18 多田 武史 19 5 7 2 2 0 0 2 1 0 1 0 1 0 1 27:29
21 水野 優斗 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:59
23 ジョフ・チェイカ・アハマド バンバ 29 0 6 9 20 11 12 1 6 13 19 1 3 2 7 38:01
24 荒川 颯 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1:21
27 平田 貴大 2 0 0 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1:48
33 富山 仁志 5 0 0 2 4 1 1 1 1 5 6 0 1 1 0 22:42
55 藤井 駿 4 0 0 2 3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 16:17
58 平良 彰吾 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:58
61 斉藤 竜二 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2:07
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 6 0 0 0 2 00:00
合計 80 7 25 23 44 13 16 12 14 30 44 5 10 5 19 200:00

青山学院大学

HC:廣瀬 昌也
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 納見 悠仁 2 0 4 1 2 0 0 0 0 2 2 0 1 0 2 14:28
2 日野 翔太 2 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:48
3 大崎 裕太 2 0 4 1 3 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 17:21
4 戸田 晃輔 0 0 1 0 1 0 0 0 0 1 1 2 0 0 1 14:22
6 木田 貴明 5 1 2 1 1 0 0 0 1 2 3 1 0 0 0 9:26
7 ナナー ダニエル弾 0 0 0 0 0 0 0 3 0 4 4 0 1 3 7 19:32
8 時田 康佑 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 2 0 0 0 0 2:43
10 高橋 浩平 8 0 2 4 6 0 0 4 3 2 5 0 0 0 1 18:34
14 柏倉 哲平 6 1 1 1 2 1 1 1 2 1 3 0 1 0 2 12:43
15 石井 悠太 3 1 1 0 2 0 0 2 0 1 1 2 0 0 4 14:25
21 石黒 岳 8 0 0 4 7 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 11:57
24 安藤 周人 16 2 12 3 7 4 5 2 1 3 4 3 0 0 2 32:25
27 ウィタカ ケンタ 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 1 1:54
32 前田 悟 9 1 1 3 7 0 0 1 1 3 4 0 0 0 1 26:33
35 伊森 響一郎 3 1 2 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:48
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 5 4 9 0 0 0 0 00:00
合計 64 7 30 19 40 5 6 16 14 26 40 9 3 3 23 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦第5節、拓殖大と青山学院大の一戦。両チーム共にコンスタントに得点していく中、要所で連取した拓殖大がリードする展開。点の取り合いから、はじめに抜け出したのは拓殖大。3Pシュートを連続で沈めリードを得る。リードを許した青山学院大は、こちらも3Pシュートで連取し意地を見せるも拓殖大の多彩なオフェンスを前に、リードを奪えないまま苦しい時間帯が続く。最終ピリオドになっても、拓殖大の猛攻は衰えを知らず、青山学院大を圧倒。80-64で拓殖大が勝利し、リーグ戦3つ目の白星を挙げた。

 第1ピリオド、両者共にコンスタントに加点しハイテンポな展開となる。拓殖大は、#18多田のジャンパーで加点。対する青山学院大は#32前田のジャンパー、#14柏倉の3Pシュートなどで加点する。中盤以降も展開は変わらず、時間が経過していく。迎えた終盤、拓殖大は#18多田が2本の3Pシュートを沈め、一歩リード。24-19、拓殖大リードで第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、僅かにリードを得た拓殖大は、#23バンバ、#33富山の活躍で開始5分まででリードを14点まで広げる。対する青山学院大は、序盤こそ得点が止まり、リードを許すも#24安藤、#32前田、#15石井の3Pシュートで得点し、すぐに点差を詰める。終盤、点差を詰められた拓殖大は#23バンバのゴール下での連続得点、終了間際の#11山崎のバスケットカウントで再びリードを9点まで広げ、前半終了。46-37で前半を折り返す。

 第3ピリオド、序盤は両チーム共ファウルに苦しみ、得点を奪えず点差は変わらないまま時間が進む。後半、拓殖大は#23バンバがフリースローを獲得し、これを沈めリードを保つ。青山学院大は#21石黒の連続得点で食らいつくも、後が続かず点差は縮まらないまま。それを尻目に拓殖大#13阿部が3Pシュートを沈め、リードを広げ62-48で勝負は最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、リードを得た拓殖大は、#13阿部の連続得点で加点し、点差を16点まで広げる。後がない青山学院大は#24安藤がペネトレイトで加点し、意地を見せるも拓殖大の猛攻を前に点差を縮めることが出来ない。後半以降も拓殖大は#23バンバ、#13阿部の活躍で得点を量産し勝負あり。80-64で拓殖大が勝利し、リーグ戦戦績を3勝3敗とした。

齊藤 尋太郎