試合区分:No.8360
開催期日:2016年9月17日
開始時間:16:00:00
開催場所: 慶應義塾大学日吉キャンパス
主審:久保 知仁
副審:東條 輝正

筑波大学 78 25 -1P- 13
19 -2P- 17
15 -3P- 21
19 -4P- 10
-OT-
-OT-
61 専修大学

筑波大学

HC:吉田 健司
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 満田 丈太郎 5 0 0 2 5 1 4 0 0 1 1 2 1 0 0 17:31
4 青木 保憲 5 1 3 1 2 0 0 1 0 2 2 2 0 0 1 25:29
6 馬場 雄大 10 0 1 3 5 4 4 1 0 2 2 2 1 0 1 12:46
7 青木 太一 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0:32
8 木林 毅 8 0 0 3 7 2 2 3 1 1 2 2 0 0 1 24:12
11 増田 啓介 19 0 1 8 12 3 4 2 2 5 7 1 0 0 2 30:42
14 波多 智也 3 0 1 1 2 1 2 1 1 0 1 0 0 0 1 9:13
17 杉浦 佑成 17 1 5 6 11 2 3 0 0 8 8 1 0 0 2 31:58
27 野田 雅仁 DNP
46 生原 秀将 0 0 1 0 2 0 0 5 0 2 2 0 1 0 1 14:31
57 大友 隆太郎 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 6:20
65 玉木 祥護 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3:39
76 寺部 亮佑 10 1 1 2 3 3 3 1 0 1 1 1 0 0 0 9:18
81 小原 翼 1 0 1 0 1 1 2 2 1 1 2 0 0 1 0 12:09
88 牧 隼利 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1:40
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 4 11 15 0 0 0 0 00:00
合計 78 3 15 26 52 17 24 17 9 34 43 11 3 1 12 200:00

専修大学

HC:佐々木 優一
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
4 塚本 雄貴 DNP
5 山田 稜武 DNP
6 渡辺 竜之佑 10 2 3 2 7 0 0 2 4 4 8 2 1 1 1 32:19
7 國分 大輔 5 0 3 2 11 1 2 2 1 2 3 1 1 0 3 27:11
8 幸崎 竜馬 9 1 3 2 3 2 2 2 1 0 1 2 3 0 0 25:37
10 大澤 希晴 14 3 6 2 3 1 2 5 0 2 2 0 0 0 0 23:47
11 秋山 煕 0 0 1 0 3 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 7:24
14 高澤 淳 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0:16
16 今田 峻 DNP
17 樋口 健太 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:51
25 大越 優輝 DNP
27 安部 紘貴 DNP
30 アブ フィリップ 18 0 0 9 19 0 2 3 7 10 17 1 0 4 6 38:09
32 野口 夏来 1 0 0 0 5 1 2 1 1 2 3 0 0 0 0 15:05
34 盛實 海翔 4 0 6 2 7 0 0 4 0 4 4 2 0 0 1 28:21
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 6 0 0 0 1 00:00
合計 61 6 22 19 58 5 10 20 17 28 45 8 5 5 13 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第5節、筑波大と専修大の一戦。序盤に一歩前に出た筑波大を専修大が追う展開が続く。試合開始から筑波大は内外から相手を攻めたてリードを得る。一方の専修大はゴール下を中心に攻めるもリングに嫌われ連続得点を挙げることができず、ビハインドは広がるばかり。中盤、互いに得点を奪い合い点差は膠着状態となる。最終ピリオドに入ると、専修大は#30フィリップが一人で10得点を挙げ、追い上げを図るも、筑波大は堅守から速攻を繰り出し再度リードを取り戻す。追いつきたい専修大だがシュートが決まらずそのままタイムアップ。78-61、筑波大が専修大に一度も逆転を許さずリーグ戦績を5勝とした。

 第1ピリオド、開始から筑波大は#17杉浦がファーストブレイクからリズムよく加点、一歩前に出る。対する専修大はゴール下を攻め込むもシュートが決まらず流れを掴むことができず。その間筑波大は#2満田の豪快なダンクシュート、#14波多のドライブインで得点を挙げさらにリードを得る。終盤、専修大は#6渡辺、#10大澤の3Pシュートが連続で決まり少しビハインドを縮める。25-13、筑波大がスタートダッシュに成功し第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、筑波大は#76寺部のバスケットカウント、#4青木(保)の3Pシュートで連取、リードを保つ。中盤、筑波大#6馬場がドライブインからリングに叩き込むと、専修大は#30フィリップが#7國分との息の合ったアリウープで応戦、流れを引き寄せる。専修大は#10大澤の3Pシュートなどで点差を一桁とするも、その後筑波大#11増田にバスケットカウントを沈められ再びビハインドが広がり、第2ピリオド終了。42-30、筑波大リードのまま後半戦へ。

 第3ピリオド、筑波大は#11増田、#17杉浦がジャンパーにドライブと内外問わず加点し、リードを広げる。追いつきたい専修大は#7國分がドライブインから得点を挙げ、孤軍奮闘するも後が続かず、ビハインドを縮めることは叶わず。しかし、終盤専修大は#34盛實、#8幸崎のアシストが冴えわたり連続得点を挙げ、僅かに追い上げる。終了間際専修大は#8幸崎がペネトレイトから得点を奪取、59-51専修大はがビハインドを縮め勝負は最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、専修大は#30フィリップがゴール下を制し、開始5分で8得点を挙げる驚異の活躍を見せ、4点差まで相手に詰め寄る。しかし、筑波大は#17杉浦がダブルクラッチや3Pシュートで再び突き放しにかかる。残り4分間は筑波大の激しいディフェンスの前に得点できず、試合終了。78-61、筑波大が序盤に得たリードを守りリーグ戦4勝目を挙げた。

戸田 誠二