試合区分:No.8397
開催期日:2016年10月15日
開始時間:15:00:00
開催場所: 明治大学和泉キャンパス
主審:廣瀬 俊昭
副審:白川 義一

青山学院大学 73 16 -1P- 11
22 -2P- 18
23 -3P- 09
12 -4P- 19
-OT-
-OT-
57 白鴎大学

青山学院大学

HC:廣瀬 昌也
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 納見 悠仁 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 3:33
2 日野 翔太 DNP
3 大崎 裕太 9 3 5 0 3 0 0 1 1 3 4 0 0 0 1 19:06
4 戸田 晃輔 2 0 1 1 2 0 2 0 0 4 4 2 0 0 1 15:07
6 木田 貴明 2 0 1 1 2 0 0 1 1 1 2 0 1 0 2 7:18
7 ナナー ダニエル弾 11 0 0 2 3 7 7 4 1 2 3 1 0 1 2 17:53
8 時田 康佑 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1:01
10 高橋 浩平 8 0 0 4 8 0 0 4 1 0 1 0 0 1 0 19:40
14 柏倉 哲平 12 0 0 4 8 4 4 1 0 0 0 6 2 0 1 30:02
15 石井 悠太 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 1 0 0 4:39
21 石黒 岳 8 0 0 4 7 0 0 1 1 2 3 2 1 0 0 20:55
24 安藤 周人 19 5 10 2 3 0 0 0 0 5 5 1 2 0 1 34:22
27 ウィタカ ケンタ 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1:20
31 戸田 貫太 DNP
32 前田 悟 2 0 3 1 3 0 0 4 0 7 7 0 0 0 2 25:04
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 6 9 0 0 0 0 00:00
合計 73 8 20 19 40 11 13 18 8 31 39 14 7 2 10 200:00

白鴎大学

HC:落合 嘉郎
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 野﨑 零也 13 2 9 3 5 1 2 3 0 6 6 1 0 1 1 34:14
1 北川 大騎 DNP
5 川島 蓮 12 2 10 3 6 0 0 4 1 4 5 1 1 0 1 26:36
14 髙間 龍之介 DNP
18 奥野 功知 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 15:33
21 神里 和 3 1 4 0 0 0 0 4 0 0 0 1 0 0 1 24:27
23 バイセイディイッサライ ジャニ 7 0 0 3 6 1 4 0 4 4 8 1 1 3 4 26:19
24 鎌田 健太 DNP
28 川邊 亮平 6 0 2 2 8 2 2 0 1 3 4 6 0 0 1 27:59
35 秋野 風季 4 0 0 1 4 2 2 0 0 2 2 0 1 0 1 14:12
41 小倉 渓 2 0 1 1 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 1 16:59
44 星野 曹樹 DNP
56 中川 綸 DNP
75 ディオップ マムシェッハイブラヒマ 10 0 0 4 10 2 3 2 3 2 5 0 0 2 1 13:41
97 大西 諄紀 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 7 4 11 0 0 0 2 00:00
合計 57 5 27 17 41 8 13 13 16 26 42 10 3 6 16 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第13節、青山学院大と白鴎大の一戦。序盤、両チームとも手堅いオフェンスを展開し安定して加点、シーソーゲームとなる。その中で青山学院大は連続して得点、僅かにリードを得る。さらに中盤、青山学院大は堅守から速攻を繰り出し、じわじわとリードを広げる。白鷗大は#0野﨑の活躍で点差を詰めるも同点には至らない。青山学院大は#3大崎、#24安藤が高確率で3Pシュートを沈め白鴎大を突き放す。終盤、白鴎大は精度の高いアウトサイドを起点に立て続けに加点し、一時ビハインドを9まで縮める。しかし青山学院大は落ち着いて試合を進め、再びリードを広げて試合終了。73-56と青山学院大が確かな実力を見せつけ完勝、リーグ戦7勝目を手にした。

第1ピリオド、白鴎大は#0野﨑のレイアップで先制するが、対する青山学院大も#6木田がカットインを決め、譲らない。その後お互いに得点を取り合い点差は生まれない。その中で、青山学院大は#7ダニエルがバスケットカウントなどで僅かにリードを得る。中盤以降、両チームとも互いの堅いディフェンスを破ることができず沈黙する。終了間際、青山学院大の#24安藤が3Pシュートを沈めリードを広げ、16-11と青山学院大5点リードで第1ピリオドを終える。

第2ピリオド、青山学院大は#21石黒の連続得点、#7ダニエルの速攻などでリードを9に広げる。食らいつきたい白鴎大は#23イッサのゴール下、#0野﨑の3Pシュートなどで反撃するが点差は縮まらない。終盤、白鴎大は#28川邊のバスケットカウント、#21神里の3Pシュートで点差を2点まで縮めるが、青山学院大は#24安藤の3Pシュート、#21石黒のタップシュートなどで再び白鴎大を突き放す。38-29と青山学院大が9点にリードを広げ後半戦へ。

第3ピリオド、青山学院大は#24安藤が3Pシュートに速攻、アシストと躍動し、みるみるリードを広げていく。白鷗大は#5川島がジャンパーを沈めるが単発に終わり、追い付くには至らず。終盤、白鴎大は#28川邊のバスケットカウントで追撃を試みるも、青山学院大は#14柏倉のジャンパー、#3大崎の連続3Pシュートなどで得点し、逆に点差を広げる。61-38と青山学院大が大きくリードを得て最終ピリオドへ。

第4ピリオド、白鴎大は#75シェッハがフリースローやバスケットカウントで連続して加点、対する青山学院大は#21石黒のジャンパーで決め返す。白鴎大は#5川島の3Pシュートを皮切りに怒涛の5連続得点を挙げ猛追、54-63と一桁差まで詰め寄る。しかし青山学院大は#14柏倉が落ち着いてジャンパーを沈めると#32前田も続き、取り戻す。その後青山学院大は#7ダニエルの活躍などで再びリードを広げタイムアップ。73-57と青山学院大が16点差で勝利し、リーグ戦績を7勝6敗とした。

仲澤 翔大