試合区分:No.8402
開催期日:2016年10月16日
開始時間:12:00:00
開催場所: 明治大学和泉キャンパス
主審:伊藤 裕一
副審:廣瀬 渉

東海大学 63 19 -1P- 22
09 -2P- 16
23 -3P- 19
12 -4P- 12
-OT-
-OT-
69 白鴎大学

東海大学

HC:陸川 章
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 大矢 孝太朗 0 0 1 0 6 0 0 2 2 7 9 1 0 1 0 16:53
4 寺園 脩斗 7 1 2 2 3 0 0 1 0 2 2 1 0 0 0 19:53
10 鶴田 美勇士 2 0 0 1 2 0 0 2 0 1 1 0 0 0 1 8:03
11 白戸 大聖 4 0 3 1 4 2 3 0 1 1 2 0 1 0 2 11:51
13 中山 拓哉 8 0 1 3 4 2 2 1 4 1 5 0 0 0 1 15:54
15 内田 旦人 0 0 2 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 7:18
19 三ッ井 利也 4 0 3 1 4 2 2 1 0 2 2 1 1 0 0 11:59
22 笹倉 怜寿 DNP
23 佐藤 卓磨 3 0 0 1 4 1 1 1 2 1 3 2 0 0 0 14:28
24 卜部 兼慎 2 0 1 0 2 2 2 1 1 0 1 0 0 0 1 8:18
25 平岩 玄 3 0 0 1 5 1 4 3 6 2 8 1 1 0 1 22:20
33 鈴木 隆史 7 1 4 2 4 0 0 2 0 1 1 0 1 0 0 14:55
35 伊藤 達哉 6 0 0 3 11 0 0 1 2 1 3 2 2 0 0 26:53
37 秋山 皓太 4 1 4 0 0 1 2 1 0 1 1 0 0 0 0 5:17
81 関野 剛平 13 1 1 4 5 2 2 2 0 1 1 0 0 1 0 15:57
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 7 5 12 0 0 0 0 00:00
合計 63 4 22 19 55 13 18 19 25 27 52 8 6 2 6 200:00

白鴎大学

HC:落合 嘉郎
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 野﨑 零也 5 1 2 1 1 0 0 2 0 3 3 3 0 0 1 13:23
1 北川 大騎 DNP
5 川島 蓮 16 3 8 3 8 1 1 0 0 3 3 0 0 0 0 23:17
14 髙間 龍之介 DNP
18 奥野 功知 2 0 0 1 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 14:37
21 神里 和 9 3 7 0 1 0 0 2 1 2 3 2 0 0 1 25:23
23 バイセイディイッサライ ジャニ 6 0 0 2 6 2 2 3 3 4 7 0 0 0 1 22:18
24 鎌田 健太 3 0 2 0 4 3 6 1 1 3 4 0 0 0 0 17:47
28 川邊 亮平 8 0 1 3 11 2 4 0 2 1 3 1 0 0 2 26:03
35 秋野 風季 6 2 4 0 3 0 0 1 0 2 2 2 0 0 0 27:43
41 小倉 渓 6 0 1 2 2 2 2 4 2 1 3 0 0 0 1 11:47
44 星野 曹樹 DNP
56 中川 綸 DNP
75 ディオップ マムシェッハイブラヒマ 8 0 0 2 4 4 4 2 3 7 10 0 0 1 0 17:42
97 大西 諄紀 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 7 5 12 0 0 0 0 00:00
合計 69 9 25 14 43 14 19 15 19 31 50 9 0 1 7 200:00

GAME REPORT

リーグ戦第14節、東海大と白鷗大の一戦。序盤、お互いに得点を取り合い拮抗した展開となる。その中で白鷗大は#5川島が正確なアウトサイドで得点を量産し、一歩リードする。中盤、東海大は堅実なオフェンスで同点に追いつくが、そこから白鷗大は驚異の6連続得点に成功し、最大14点のリードを得る。しかし東海大は#81関野の連続得点などでじわじわとビハインドを縮める。終盤、東海大は手堅く得点し白鷗大に詰め寄り、#37秋山の活躍などで一時逆転に成功する。しかし白鷗大は#5川島のカットインで再逆転すると、東海大の猛攻を守り切りタイムアップ。69-63と白鷗大が大接戦をものにし、9勝目を挙げた。


 第1ピリオド、白鷗大は#0野﨑のレイアップで先制、対する東海大も#35伊藤のフローターで決め返す。東海大は#11白戸のバスケットカウントなどで加点するが、白鷗大は#5川島、#0野﨑らがアウトサイドで決め返し一歩も譲らず、試合はシーソーゲームとなる。終盤、白鷗大は#5川島の連続3Pシュートを皮切りに立て続けに加点しリードを得るが、東海大も#4寺園のジャンパーなどで差を詰め、22-19と東海大3点ビハインドで第1ピリオド終了。


 第2ピリオド、東海大は#81関野の3Pシュート、#33鈴木のジャンパーで同点に追いつく。しかし白鷗大は#21神里の3Pシュートが決まると、#23イッサの2連続バスケットカウント、#21神里の3Pシュートと一気にたたみかけ、最大14点のリードを得る。悪い流れを断ち切りたい東海大だが、白鷗大の粘り強いディフェンスに苦しみ、なかなか得点することが出来ない。38-28と白鷗大がリードを10に広げ後半戦へ。


 第3ピリオド、両チームとも手堅いオフェンスで加点し、点差は膠着する。中盤、東海大は#33鈴木、#4寺園が連続で3Pシュートを沈め、点差を縮めることに成功。その後は再びお互い決められたら決め返す展開となり点差は大きく動かず。51-57と東海大がビハインドを6に縮め、勝負は最終ピリオドへ。


 第4ピリオド、東海大は#33鈴木、#19三ツ井が連続して得点し、猛追。白鷗大は#5川島がゴール下を沈め対抗するが、#37秋山の3Pシュートなどで同点に追いつくと#37秋山のフリースローで61-60とこの試合初めてリードを奪う。しかし白鷗大は#21神里の3Pシュートで追い付くと、#5川島がカットインで得点し、残り58秒で再逆転に成功する。終了間際には白鷗大#75シェッハの豪快なダンクシュートも飛び出し、試合終了。69-63で白鷗大が大熱戦を制し勝利、リーグ戦績を9勝5敗とした。


仲澤 翔大