試合区分:No.8416
開催期日:2016年10月23日
開始時間:17:40:00
開催場所: 東海大学(湘南キャンパス)
主審:茂泉 圭治
副審:川崎 洋次郎

拓殖大学 73 19 -1P- 26
09 -2P- 21
20 -3P- 25
25 -4P- 24
-OT-
-OT-
96 東海大学

拓殖大学

HC:池内 泰明
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
6 山田 勝太 2 0 0 1 2 0 0 1 2 3 5 0 0 0 1 12:54
11 山崎 拓 6 2 5 0 1 0 0 1 0 2 2 2 0 0 4 19:30
13 阿部 諒 13 1 2 5 11 0 0 2 2 3 5 1 2 0 2 22:32
14 山梨 歩 6 0 0 2 3 2 3 0 1 2 3 2 1 0 0 16:40
15 熊澤 圭祐 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 10:33
16 飯田 遼 3 1 2 0 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 4:38
18 多田 武史 12 4 10 0 1 0 0 0 0 3 3 0 1 0 0 23:58
21 水野 優斗 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4:05
27 平田 貴大 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 3:58
28 村上 義泰 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 9:19
33 富山 仁志 4 0 1 1 3 2 2 1 3 1 4 0 0 1 0 13:16
39 成田 正弘 14 3 11 1 6 3 4 2 1 4 5 2 0 0 5 32:58
55 藤井 駿 6 0 0 3 4 0 0 2 0 2 2 0 0 0 1 17:47
58 平良 彰吾 0 0 1 0 0 0 0 1 0 1 1 3 1 0 0 3:45
61 斉藤 竜二 3 1 2 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4:05
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 6 0 0 0 0 00:00
合計 73 12 35 15 35 7 9 12 12 26 38 10 5 1 14 200:00

東海大学

HC:陸川 章
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
3 大矢 孝太朗 9 0 0 4 8 1 2 0 3 5 8 1 0 0 0 17:25
4 寺園 脩斗 20 4 8 3 8 2 2 1 2 6 8 3 0 0 1 29:03
10 鶴田 美勇士 2 0 0 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 3:59
11 白戸 大聖 3 1 2 0 1 0 0 2 0 2 2 2 0 0 2 13:09
13 中山 拓哉 2 0 2 1 2 0 0 2 0 2 2 3 1 0 1 18:15
15 内田 旦人 6 2 4 0 1 0 0 0 1 2 3 0 0 0 0 11:15
19 三ッ井 利也 2 0 0 1 3 0 0 0 1 1 2 3 0 0 0 12:51
23 佐藤 卓磨 2 0 2 1 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 10:54
24 卜部 兼慎 4 0 1 2 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5:56
25 平岩 玄 9 0 0 4 6 1 2 2 2 3 5 1 0 0 0 13:57
33 鈴木 隆史 14 4 9 1 1 0 0 1 1 3 4 2 0 1 2 25:02
35 伊藤 達哉 6 0 0 3 4 0 0 2 1 0 1 2 2 0 2 7:00
37 秋山 皓太 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3:14
81 関野 剛平 12 1 5 3 5 3 3 1 1 4 5 1 1 0 1 23:21
91 山本 健太 2 0 0 1 4 0 0 1 1 0 1 0 0 0 1 4:39
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 6 4 10 0 0 0 1 00:00
合計 96 13 34 25 49 7 9 14 19 32 51 18 4 1 11 200:00

GAME REPORT

 東海大と拓殖大の一戦。序盤から東海大がリードを奪い、拓殖大が追う展開。東海大は持ち前のハードなディフェンスから流れを掴むと、内外に的を絞らせないオフェンスを展開し、試合を優位に進める。対する拓殖大はアウトサイド中心のオフェンスを組み立てるも、東海大のデェフェンスを前に攻めあぐねビハインドを背負う。中盤に入っても展開は変わらず。東海大は、司令塔#35伊藤を負傷により欠くも、#4寺園らがコート上で躍動、リードを更に広げていく。ビハインドを縮めた拓殖大は、#13阿部の連取などで逆転のチャンスを伺うも、後が続かず苦しい展開。終盤、東海大はメンバーを入れ替えながら攻守に渡りゲームを支配。後がない拓殖大はパスワークからアウトサイドを攻めるも、開いた点差を埋められず。4年生が躍動し、ゲームを支配した東海大が96-73で勝利しホームの地で2連勝を収めた。

 第1ピリオド、東海大は#35伊藤のレイアップを皮切りに#33鈴木の3Pシュートなどコンスタントに加点し先制。対する拓殖大は序盤こそ出遅れるも、#55藤井がゴール下で奮起し、東海大の後を追う。後半、拓殖大は#39成田が3連続で3Pシュートを沈め、東海大の背中を捉える。迎えた終盤、東海大は#25平岩がファストブレイクから豪快なダンクシュートを沈めチームに勢いを与える。26-19、東海大リードで第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、ホームコートの声援を背に東海大は#35伊藤のフローター、#15内田の3Pシュートなどで加点しリードを保つ。拓殖大は、#13阿部が連取するも後が続かず。それを尻目に東海大は、#35伊藤を負傷交代で欠くも、変わって入った#15内田の3Pシュート、#4寺園のアウトサイド、#25平岩のゴール下などコンスタントに加点しリードを19まで広げる。47-28で第2ピリオド終了。

 第3ピリオド、大きくリードを得た東海大は、堅守から流れを掴み、#33鈴木、#81関野の3Pシュート、#3大矢のリバウンドショットなどで加点し、依然としてリードを保つ。逆転を狙う拓殖大はパスワークから#11山崎、#18多田の3Pシュートなどで加点するも東海大の猛攻を止めきれず依然としてビハインドを背負う。後半以降も展開は変わらず、終了間際#25平岩のこの日2本目のダンクシュートを沈めリードを24まで広げる。72-48で第3ピリオド終了。

 第4ピリオド、東海大は持ち前の堅守を生かし、拓殖大のオフェンスを封じると#25平岩、#13中山を中心に内外で得点で躍動、拓殖大を突き放す。後がない拓殖大はアウトサイドで加点を狙うも東海大のディフェンスを前にゴールに嫌われ万事休す。終盤、東海大は#91山本、#37秋山らバックアップメンバーも活躍を見せ、快勝。96-73で東海大がホームゲームで連勝を収めた。

齊藤 尋太郎