試合区分:No.8417
開催期日:2016年10月29日
開始時間:11:00:00
開催場所: 国立代々木競技場第二体育館
主審:二宮 隆ニ
副審:渡辺 裕樹

明治大学 70 16 -1P- 10
13 -2P- 19
19 -3P- 24
22 -4P- 24
-OT-
-OT-
77 白鴎大学

明治大学

HC:山本 健一
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
2 齋藤 拓実 13 2 4 3 8 1 2 1 1 1 2 5 4 0 6 36:33
3 綱井 勇介 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 0 1 0 0 6:04
5 曾田 圭佑 3 1 6 0 3 0 0 0 3 1 4 3 0 0 1 32:31
8 今西 勇人 DNP
9 田中井 紘章 9 1 6 3 3 0 2 5 1 5 6 1 1 0 2 25:10
14 濱西 秀人 DNP
17 黒田 章吾 DNP
21 野口 龍太郎 DNP
22 宮本 滉希 20 1 2 7 18 3 4 0 4 3 7 2 0 1 2 37:43
24 森山 修斗 14 4 9 1 3 0 0 3 1 8 9 0 1 0 3 35:37
26 小谷 拓哉 DNP
28 今川 友哲 2 0 0 1 2 0 0 3 1 1 2 0 0 0 0 6:40
32 吉川 治耀 9 1 3 3 5 0 0 2 0 2 2 1 1 0 0 19:42
35 盛滿 拓郎 DNP
99 平佐田 葵 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4 0 0 0 1 00:00
合計 70 10 30 18 42 4 8 14 13 25 38 12 8 1 15 200:00

白鴎大学

HC:落合 嘉郎
No. PLAYER S PTS 3FG FG FT F REB AS ST BS TO MIN
M A M A M A OR DR TOT
0 野﨑 零也 19 3 6 3 7 4 4 2 1 5 6 6 0 0 1 30:12
1 北川 大騎 DNP
5 川島 蓮 12 0 2 6 11 0 1 3 0 6 6 1 3 0 3 28:26
14 髙間 龍之介 DNP
18 奥野 功知 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 1 4 1 0 2 15:22
21 神里 和 5 1 6 1 3 0 0 2 0 1 1 1 4 0 4 24:38
23 バイセイディイッサライ ジャニ 6 0 0 3 4 0 2 0 0 5 5 2 0 1 1 24:56
24 鎌田 健太 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 9:48
28 川邊 亮平 8 2 4 1 4 0 0 0 1 0 1 1 1 0 0 20:43
35 秋野 風季 4 0 1 2 3 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 9:55
41 小倉 渓 12 2 2 3 6 0 0 0 3 3 6 1 0 0 2 21:24
44 星野 曹樹 DNP
56 中川 綸 DNP
75 ディオップ マムシェッハイブラヒマ 11 0 0 4 6 3 4 2 3 6 9 0 0 2 1 14:36
97 大西 諄紀 DNP
チーム 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4 7 0 0 0 0 00:00
合計 77 8 21 23 44 7 11 12 11 32 43 16 10 3 14 200:00

GAME REPORT

 リーグ戦17節、明治大と白鷗大の一戦。序盤から一進一退の攻防となる。白鷗大はアウトサイドから加点するのに対し、明治大はインサイド中心の加点で対照的なオフェンスを展開し、前半を同点で折り返す。後半、白鷗大は#0野﨑、#5川島らシューター陣がアウトサイドを高確率で沈め、リードを奪う。リードを許した明治大は#2齊藤を軸に攻守を組み立てながら食らいつくも、逆転までは至らず。終盤、流れを掴みきれない明治大を背に、白鷗大が堅守速攻で連取し、一歩リード。明治大もアウトサイドを中心に追撃を図るも、逆転の一本が出ず、タイムアップ。77-70で白鷗大がリーグ戦績を12勝5敗とした。


 第1ピリオド、序盤から拮抗した展開となる。明治大は#2齊藤を起点に#22宮本のゴール下で得点。対する白鷗大はパスワークから#41小倉、#0野﨑の3Pシュートで加点。後半、一歩抜け出したのは明治大。#9田中井、#22宮本が連続で3Pシュートを沈め、一歩リード。16-10で第1ピリオド終了。


 第2ピリオド、一歩出遅れた白鷗大だったが、序盤から#75シェッハにボールを集めるとインサイドでの3連続得点を皮切りに、#28川辺のアウトサイドなどでバランスよく加点し、試合を振り出しに戻す。序盤、得点が止まりリードを詰められた明治大は、メンバーを入れ替えながら立て直しを狙い、#28今川のポストプレイ、#32吉川の1on1などで加点し、逆転は許さず。29-29、同点のまま後半戦へ。


 第3ピリオド、白鷗大は#0野﨑、#5川島がジャンパー、ペネトレイトと的を絞らせないオフェンスでコンスタントに加点し、一時リードを10点まで広げる。対する明治大は#32吉川、#24森山の3Pシュートで得点するも白鷗大のオフェンスを止めきれず、リードを許す展開。しかしその後、#2齊藤を起点に徐々に攻守のリズムを整えると#22宮本のゴール下などで得点し、なんとか食らいつく。終盤、白鷗大は連取の流れが途切れ、得点が止まり始める。それを尻目に明治大は、果敢にアタックし、フリースローを獲得。これを確実に沈めビハインドを5まで詰める。53-48、白鷗大リードで勝負の行方は最終ピリオドへ。


 第4ピリオド、逆転したい明治大は#22宮本が攻守にわたり活躍するなど、食らいつくもあと一歩が出ず逆転までは至らず。対して白鷗大は、堅守からスピーディーなバスケットを展開すると、#35秋野のレイアップ、#21神里の3Pシュートで連取すると、#0野﨑のアシストから#23イッサが豪快なアリウープを沈め、流れを手繰り寄せる。明治大も、セットプレイからノーマークを生み出し、3Pシュートで勝負に出るも逆転までは至らず無念のタイムアップ。77-70で白鷗大が12個目の勝星を収めた。



齊藤 尋太郎